ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

夜中のメンテナンス

昨日の夜。10時半にベッドに入り、夜中に喉が渇いて目が覚めた。

夜中だと思っていたのは、12時。息子はまだ部屋で起きている。

一階に降りて水をコップ3杯、一気に飲んだ。おかしい。こんな飲み方、普段しない。足がなんかもつれるような、痛いような。これが噂の熱中症

そういえばこの所、体がだるくてだるくて、エンジンがかからない。慢性化している脱水症状?

私の体の特徴として、自分の不調を脳が把握できないというのがある。疲れていたり、痛かったり、しんどかったりするのを、我慢する癖が付いていて、もはや、どこから不調というのか、どこから休んだらいいのか、わからない。

これは子供の頃から大学病院に通ったりしているうちに、風邪でしんどいのか、自分の体が弱いからしんどいのかわからなくなってしまったというのと、ダウンすると、「ちょっと何かすると、すぐダウンする」とため息つかれるのが嫌で、不調を隠す癖がついてしまったのとの影響だろうと入院したとき教えてもらった。

台所に座り込み、水を飲んでいるあたりでおかしい。立っているのがしんどいのだ。

・・・・。何か食べてみようか。

深夜にごそごそ、冷凍バナナを半分、食べてみる。びっくりするほど、脳が冴え渡る。

チョコレートも食べてみる。頭がホッとしてくるのがわかる。そうか。低血糖なのか。

夏バテにならないようにしっかり食べていたつもりだったが、昨日、一昨日と寝不足だったり、芝刈りしたり、運動量が多かったのか。あ、そういえば、昨日、お腹が緩かった。疲れてるということ?

もう少しチョコレートをかじって、甘辛いおせんべいを二枚食べた。

寝よう。

心と頭がホッとしてるのがわかった。

ごめんごめん、疲れて足りてなかったんだね。身体と脳がやりとりしてる。

夜中の台所に座ってムシャムシャ。ムックと立ち上がり、歯を磨いて、寝た。

水分か糖分か。どっちだったんだろう。

今朝はびっくりするくらいフットワークが軽い。