ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

肝っ玉母ちゃん

私は、昔のキラキラしていた自分に、いつになったら戻れるのだろう。

入院、して、死にそうになって、今度は鬱になって、底辺をさまよってからの今。

退院してから2年、3年の頃までは、本当に死なないで生きていることだけで精一杯で、生活の質とか、楽しむとか、そんなこと、もう、到底できないと思っていた。

次第に、引きこもらずリビングで過ごす時間が増え、ドトールに行って本を読むことを覚え、テレビで笑っている自分に気がついたとき、本当に安心した。

もとに戻っていくのかもしれない。今はその途中で、また、屈託なく、なんでも食べ、どこにでも行き、誰とでもおしゃべりをしてよく笑う私になれるのかもしれない。

ダイエットでも停滞期というものがあるように、私は、ある程度のところまできたら戻りが止まった。

細胞が全部止まって、また動き出したのだとしたら、修復するのにも限界があるのかもしれない。

そろそろ、ちゃんと、今の自分を認めてあげないと。

「昔の私が本当の私で、今の私は、こんなんじゃない」

どっかそんな想いがいつもあるけれど。人は、変化して変化して変化して、毎日毎日、変化し続けるものなのかもしれない。

生きてるもの、みんな、そうなのかもしれない。

戻らないのだ。もう。

よく考えてみたら、息子は元気発剌だったと私が自分のことを思い返す、その私を知らない。今の弱虫で、虚弱で、変に空回りして、いつも家の中でぼんやりしている私が、彼の母。そして、彼は私がぼんやり家にいる姿を好む。

このブログの中で会話をさせて頂く方達も、そう。今の私を私と思って接してくださる。

今の私を受け入れていないのは、私と母と姉だけ。

もう、いいじゃないのかなぁ。ここまでで。これで。このままで。

いい加減、私が私をきっちり愛してあげないと、今の私が心細くなるんじゃないかな。

息子がもし、何か失敗して、世間を敵に回しても、私は理屈抜きで彼を守る。夫が何かやらかしても、見捨てることは、想像できない。法を犯しても彼らを守る気がする。

「何があってもあなたのことは私が一番の味方でついてるよ」って、自分に言えない。

まだ何もやらかしてないのに、立派な誰かたちと、過去の自分と比べては、今の自分を向上させることに躍起になっている。

もう、いいか・・・。疲れてきたな。このへんで、終わろうかな。

 

太い根っこになって。太い幹になって。地に足をつけて。

私自身の肝っ玉母ちゃんに私はなりたい。