ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

スタート

今日、出発。夫。

すでに不安定になっている自分に戸惑う。

私は夫が好きだったのか!

恋い焦がれて結婚したわけでもなく、友達の延長の私たち。

週末も二人でどこかにデートするでもなく、趣味も別々。

テレビの好みも、好きな映画も全く被らず。

なんでこんな人と結婚したんだろう。そう思った時もあった。

今朝、ゴロゴロ、スーツケースを引っ張りながら、家の門を曲がっていく彼を見送りながら、自分が思わず歩いて、見えなくなるところまで行き、最後の最後のところで両手を上げて大きく振るのに、やりながらびっくりした。

頑張れよ。

エールのつもりで派手にブンブン振り回して振った。

偉くなろうとか、そんなのどうでもいいから。

でも、とことんやりたいならやってこい。

こっちは任せろ。

フレーフレー!