読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

卒業

明日は息子の高校の卒業式。

中学の卒業式は必死で生きてる状態だったため、夫のみが参列した。

小学校の時は、倒れる二ヶ月前だった。とにかく参列したけれど、記憶が断片的にしかない。

息子に詫びたいことのうちの一つ。

 

私はコンプレックスが刺激されるため保護者会がどうも苦手。でも、息子の晴れ姿は見たい。味わいたい。

「明日、着る服は決めたの?カバンはあるの?」

例によって過保護の母が47の娘の格好を気にする。もう乗せられないぞ。この嵐に巻き込まれると、アクセサリーから靴からすべてコーディネイトされる。その作業をしているうちに私はだんだん、気分が重くなり、ますます行きたくなくなる。

「バッチリ」

「ちょっと着て見せなさい」

「いや、いいの。隅っこで座ってるだけだから、息子に恥ずかしい思いさせるほど特別浮いた格好じゃなければ。黒いパンツスーツあるから」

「ブラウスは?バッグも」

「大丈夫大丈夫」

会話だけでも追い詰められそうなので完璧であると強調しておいた。

なんだか本当に完璧で大丈夫な気分になって負荷も少し軽くなってきた。

それでも今朝、久しぶりの最後のお弁当を作って、バタバタしているうちに次第に気分が重くなる。

下駄箱を開け、長い事、何年も履いていなかった5センチパンプスを箱から出す。

試し履きをしてみる。

やっぱりな。

つま先が痛い。我慢は出来るけれどこれを明日ずっと履くのか。ハイヒールをうんざりするようになるなんて、もう、私の女時代は終わってしまったのか。

買ったまま、封も開けていなかった靴の踵に貼り付けるゴムを見つけた。まぁ。たいして変わんないんだろうけど。雑にペッペッと貼り付ける。やれやれ、よっこらしょっと。足を突っ込み、立ち上がる。ん?さっきよりいい。かかとがピタッとくっついて歩きやすくなった。つま先の右側がまだ当たるけどだいぶ、楽。

待てよ。俄然やる気が湧いて、足の爪を切ってみる。知らない間にこんなに伸びてた。薬指の爪が小指を押して痛かったのか。更にもう一度試す。

いいじゃーん。

嬉しくなって庭をヒールで歩く。窓の前に立って、自分を映してみる。

女の人だ。ちゃんと女の人っぽい。ユニクロのスパッツから出ている足首がキュッと上がってテレビに出ている人の足みたい。

もうこんな晴れやかな靴履かないから捨ててもいいと思っていた。

こんな日が来るとは。こんな日が来るとはねぇ。

死なないでよかった。

 

明日、おしゃれしていこう。誰も私を見ないけど。お化粧して、ヒール履いてちょっと気取って。

明日は私も、うじうじ小僧からの卒業の日にしよう。