読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

やりたい放題

最近、なんだか、ちゃんとしようという自分への規制がどんどんゆるくなっている。

夫が起きるまでに朝食を作っておこう。やめた。

毎日献立は家族が喜ぶものを作ろう。やめた。

夕飯は6時半には出来上がって。やめた。

家族の食事は私が用意してあげる。やめた。

栄養のバランス。極端じゃなきゃいい。二週間でバランスみれば。

そして一番はこれ。自分勝手に自由気ままに過ごすのはもう少ししてから。今はまだ、主婦として母として家庭を運営する人であろうというやつ・・・。

やーめた。

なんとなく買い物帰りに本屋に寄って、ドトールで本を読む。時間も気にしないで好きなだけ読む。やってみると、30分もいれば満足することがわかった。6時過ぎに家に帰ってそこから夕飯の支度をはじめても、それなりになんとかなるのだ。

私は体が弱いので外出を控えてきた。虚弱のくせにほっつき歩いて体調を崩すと「わがままだ」と母に怒られるので、出なかった。

家にいると、家事くらいしか考えることがない。次のご飯は。明日のご飯は。あそこの掃除は。ちゃんとやったっけ。

外に出れば、自分の気持ちはあちこちに分散されるからあらゆることが薄れて「まあ今日はいいか」になる。

たまに外出すると、これが嫌だった。

その日、ちゃんとしなかったから、明日はしないとなぁと、自分に課せを作る。するとその翌朝は「今日はちゃんとしないと」と思う。今日はちゃんとご飯を作って、ちゃんと掃除もして、ちゃんと・・。

ちゃんとってなんだよ。

ちゃんとやらなくても家は回るって今頃わかった。

朝、ご飯前に散歩に出ちゃって、帰ってきたら夫は起きてた。ご飯の用意もしてなかったけれど、納豆と残ってた味噌汁をあっためて機嫌よく食べてた。

「おかえりぃ。散歩行ってたのぉ?」

えぇっ!

夕飯作るのが面倒だったので残ってたカレーに買ってきたチキンカツを乗っけて出した。

「おっ。カツカレーじゃん」

まじっつ。これでいいの。

機嫌のいい食卓には手の込んだ母の手料理。笑顔の食卓。

これを毎日狙いにいくこたぁなかったのね。私は毎日できもしない目標掲げて毎日打ちのめされて。たまぁに今日は良くできたかかもと言う日に限って家族が喜ばなかったり眠ったりすると、必要以上に頑張った分、無性に哀れな気分で落ち込む。

ちゃんとした。

私が追っかけてたのはちゃんとしたお母さん。

 

ある時から、母からの評価が疎ましくなり、何やっても言っても、ダメ出しされるんだから、もう、いっそ評価の下がる行動をしようと決めた。母が良かれと思って買ってきた服も、気に入らなきゃ、着ない。息子や夫に時間を合わせて常にスタンバイしているという姿勢も、したくない時はしない。わがままと言われようと、ほっつき歩きたくなったら、ペース配分なんて考えないで衝動的に行っちゃう。

 

わたしのちゃんとは、この人に向けてのちゃんとだったのか。

ちゃんとをやめて、不満は今の所、誰からも出てない。夫も息子も機嫌がいい。わたしも変な期待を自分にしなくなって気楽。

まぁ相変わらず、やりたい放題をしていると今に大変なことになるわよという呪いの言葉は聞こえてくるけれども、その気配もない。

これからの目標は、いかに死ぬまで毎日機嫌よく過ごすか。

これでしょう。