ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

働く人

朝ごはんを食べようと思ったら携帯が鳴る。なぜか嫌な予感。

姉からだった。

「私。悪いんだけど・・・」

「何忘れたの?」

「ジャケット」

ジャケットって制服じゃないか。よく「財布を忘れた」と、昼までに届けてくれっていうのがかかってくることがあるが、今日はそういうわけにいかない。

「今、ってこと・・だよね」

「できるだけ早いほうが助かる」

もう。もう。もう。子供がランドセル忘れて学校行くようなものだ。仕方ないなぁ。

「すっぴんで今すぐ出るから、すぐ来てよ」

職場の近くに着いたらこっちから電話をすると約束をして切った。

姉の勤務地は渋谷だ。久しぶりに午前中の繁華街に向かう。電車に乗ってすぐ、当たり前ことにびっくりした。

車内も街もすでに稼動していた。どの人も目的を持って街を歩いている。動いている。活動している。

私の呑気な日常とは全く違う時間軸があった。

姉に制服の上着を渡す。「ご苦労」そう言ってスターバックスプリペイドカードを差し出した。

「これでコーヒーでも飲んで帰って」

「いいよ」

「2000円くらいまだ、入っているから、あげるよ、全部使っていいから」

むむ。確か、この前も2000円。要らない。これもらったら、なんか姉妹じゃなくなっちゃう。

「いい。本当に、要らない。息子にいつもお土産とか誕生日、買ってもらってるし。」

「また、なんか買ってくれってこと?」

違うんだけどなぁ。違うのになぁ。

「違うよ。少しでもお返しできたらってこと」

「そ、じゃ、サンキュ」

お姉さ〜ん・・・。

「わぁ、助かったありがとう〜!」ってのが欲しかった。私。

わたし、大事なことを思い出した

今日の自分はどう過ごしたか

まぁまぁ頑張ったから、今日は合格。

今日は最低限の家事だけであとはテレビとラジオで無駄に時間を過ごしたから、ダメだった。

午前中はダメだと思ったけれど、夕方からいきなり、活動的になったからセーフ。

いつもそうやって自分を見返すあの癖。

もうやめよう。

何度も何度も何度もそう決めたのに、またやってる。

今日とか明日ってちょきちょき区切って確認してるけど、位置しているのは今のここしかないんだよ。

一瞬一瞬を大事に。よく聞くけれど、それは常に気を張って無駄にしないで頑張るってことじゃない。

緊張と弛緩の間をつなぐ無意味な時間。

時間に流されているだけのあの、時間。

その空っぽの瞬間、大好きなくせに、いけないいけないって思ってる。

そんなことやってるうちに人生の時間が終わっちゃうよ。

ぼんやりが好きなんだから、

思う存分、してごらん。

しっかり堪能してみたら、なにかそこで見えるかもしれない。

自分の感覚から逃げないで。安心して。

 

「私には私が付いている。私が自分をそれでいいって思っちゃえば、

怖いものはない。」

これ、忘れてた。忘れてた。

大事なこと。

 

一瞬だけなった気がした

思いつきで、ホットケーキミックスでクッキーを作った。

ミックス粉の半量のバターを混ぜてオーブンで15分焼くだけのもの。手作りというのはちょっとおこがましいもの。

「ごちそうさま」

流しに空の容器を持ってきた息子が捏ねているのを見つけた。

「もしかして、クッキー作ってんの?」

「まぁ、そう」

「すごいじゃん、俺の?」

「まぁ、そう」

「すごいじゃん、俺、いいウチのぼっちゃんみたいじゃん」

いいウチの坊ちゃんの母になった。一瞬。

カップラーメン

息子が大学のテストが今日で終わった。

12時過ぎに携帯が鳴った。

「もう、ご飯、作っちゃった?」

まだだよというと、これからコンビニに寄ってカップラーメンを買って帰りたいけどいい?と聞かれた。

「なんか、テスト終わったぞってことで、そういうの、したいんだよね」

わかる。そういうの。

ビッグサイズのカレー味のカップラーメンを嬉しそうに買ってきた。お湯を注いで待って、食べ始めると、部屋中がカレースナックの匂いになった。

開放感に包まれて、嬉しそうにすする。

 

お向かいの目

お辛いでしょう。あとちょっとですよ。

誰かの頑張りの裏には必ず、誰か影で我慢している人がいるものです。よくなさってますね。あなたも。朝早くから。よくなさっていますよ。

 

朝、家の前を掃いていたらお向かいのおば様にそう言われた。

おはようございますの、挨拶からの流れの世間話なのだが、相槌を打ちながらびっくりしていた。

私は、辛そうに見えているのか。我慢している人に見えているのか。

え〜っ!!

「でも息子さんが立派になられて、ご安心ですよ、もうちょっとの辛抱ですよ」

そう言われて、私も「ありがとうございます。お気にかけていただいて」と答えた。

深く話したこともない、いつも挨拶程度のご近所だが、彼女の中では私はすっかり健気な奥さんになっていることに驚いた。

 

嬉しかった。

そうたいして我慢してないのに。理不尽に怒られたりすると、しつこくこだわって、いじけるのに、こういうのは「ま、いっか」と真実とのズレの違和感はどうでもいいやと受け入れる。

 

理不尽な誤解も、「あぁ。違うんだけどなぁ。ま、いっか」とさらっと流せばいい。

どっちでもいいや、そんなこと。

 

私は同情されているのか、褒められたのか、励まされたのか。

よくわかんないけど。

私もわからない。

同情されることに思い当たるのか、励ましてほしいのか。

でも、「よくなさってますね」は欲しかったのかもしれない。

 

とっかかるまで

塗り絵もそう。始めるまでは、結構億劫。

めんどくさいなぁ。本当に趣味かなぁ。これ。

とりあえず、1ページだけ、やろう。いや、ページの中のどれか一つの部分だけ、やろう。

上手にやらなくていいんだから。気分がのらなかったらすぐやめればいいんだから。

自分に呪文をかけて、開く。

塗り絵の本を開くと、そこはメルヘン。

パラパラめくって、その時の気分でどこかを選び、とにかく、塗る。

ゆっくり、塗る。完成が目的じゃない。目的はない。誰にも見せない。急いでない。

義務じゃ、ない。

色が入ると、そのメルヘンチックな暖炉のある夢ような世界が少しづつ私のものになる。私だけの世界が出来てくる。

 

はぁ。今日はここまで。もうちょっとやりたいところで、やめよう。

気がつくと、一時間。

大したことじゃないのに、どうしていっつも、取っ掛かるのに時間がかかるんだろう。

でも、やりたくって仕方がないって、いうのじゃないくらいが、ちょうどいい。

私の場合。夢中になるのは危ないかもしれない。

キャベツくん

丸ごとキャベツは、初めが肝心。私の場合。

生協から野菜が届いた。中に丸ごとのキャベツ。

あぁ、挑戦したんだっけ。丸ごとに。あぁ。

まんまるのまんま、冷蔵庫に入っていると、つい、億劫で、後回しになる。

届いた日、もしくはその次の日までが勝負。

半分に割って、さらに半分にする。

大きめの炒め物用にカットして袋に入れる。もう半分は塩揉みしておく。

これで、大きくドカンとしてたのが、使いかけの野菜になった。

あとはぐんと気が楽になって、ポトフでもスープでも、焦らず使える。あれだけ鬱陶しいほど圧力をかけてきた憎っくき相手が、急に野菜室の用心棒になる。

野菜に困ったら、キャベツがある。という安心感。

初めの一歩がなかなか億劫。なんでだろ。

どうってことのないことなのに。