ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

じわじわくる達成感 怖いと共存

朝食後、母が嬉しそうにやってきました。

「楽しいお誘いです」

です、と言う口調だけれど、その口調は、ちょっと得意げ、ちょっとはしゃいだ、高揚したものでした。

「これ、行きましょ」

私の前にトンっと置いたのは「さだまさしコンサート」の切り取った新聞広告と、母が書いた数字を書いたメモ、そして一万円札二枚。

う。

やだ。

瞬時に思った。

「何よ。いやなの?あなたが喜ぶと思って、なかなか繋がらない電話、頑張ってとったのよ。あなた、いつも行きたいなぁって言ってたから、せっかくとってあげたのに」

母にしてみたら、いっつも家の中にいる私がジメッとしみったれているようでかわいそうで、ちょっとしてサプライズのつもりだったのだろう。喜ぶに決まってると思ってやってきたに違いない。

自分と一緒に外出することをそんなにも、拒否されるなんて思ってもいない。

 

さださんは今でも好き。コンサートもいつか、行ってみたい。でも、それは今じゃない。もっと心も体も時間も余裕が出来てから、ゆっくり楽しみに行きたい。

それに。母と二人。「あなたのためにお母さんがしてあげた」という企画。

もう、無理。

これまで、旅行も映画もなんでも、こういうことは何度もあった。その度に、無理してついて行った。嫌だというと、怒られ、つまんない人と言われ、結局、いく。どうせ行くなら、最初から気持ち良く楽しみなさいよ。ほら、来てよかったでしょ。

「うん、ありがとう」

私はそこでも嘘をつく。喜んで見せる。

相当の緊張と努力をして行くのに反して、母の方は、「私のおかげで元気になった。あなたは時々こうやって強引に外に引っ張り出さないとダメなのよ」と満足して、自分の手柄のように推してくる。

もう、こういうの、できない。頑張れない。

 

一緒に外出するのは辛いのだ。

「せっかくとってあげたのに、何が不満なの、いっつもノリが悪い人ねぇ楽しみなさいよ、なんでも」

「そうやって大声で怒らないで」

勝手に一人で予約したくせに。これは言えなかた。一番言いたいことだったけれど、これを言ったら、激情するのはこれまでの経験からわかっている。

「まぁいいわ。預けておくから、チケット交換しておいて。明日までだから」

私は行かないと、さらにその場で言えなかった。

母が私を喜ばそうと張り切ってウキウキしたこと。それを私が喜ばないことで、悲しませること。良かれと思っての母の気持ち。逃げたい私。私が我慢すれば丸く収まる。

75歳を今更、私の我儘で傷つけるのか。たった半日。

一度は覚悟を決めて、行こうと思った。

けど。ダメだ。すでに考えているうちに泣きたい。今から、9月の当日まで、この重苦しい気持ちのまま暮らしたら、私はまちがいなく、またカウンセリングに行きたくなる。

これを断ったら、きっとまた姉と二人で、「やっぱりあの子はまだ病んでいる」となるのも目に見えている。ダメな子にまたなってしまう。

いい。もう、それでいいです。

自分の魂の安全を守るのに、母を傷つけないとやっていけないダメな私。そういう私。受け入れよう。それが私。もう、誤魔化さない。

部屋の中を何度もぐるぐる回り、エイっと力を振り絞って隣の家に行く。

「あの・・やっぱり行きたくないのですが」

「何が」

「これ」

さっきの切り抜きとお金を机に置いた。

「そ。わかった」

母は、そこから切り抜きだけを手に取り、ぽいっと向こうに放り投げた。

その仕草に怒りを感じ、怖いと思う。

「すみません。せっかく頑張ってくれたのに」

「いいえ」

勝手にやったくせに。なぜ、怒られるんだ。悪いことをした後のように気まずく去る自分に納得できないのに、なぜかペコペコしてる。

すべてが悲しい。すべてが。

 

散歩して。蝶に会い、紫陽花を見て、歩く。歩く。歩く。

9680歩。

でも、できた。できたじゃん。一歩前進したってことじゃないの、これ。

はじめて、本当の気持ちと同じ反応をしたんだよ。

 

心に嘘をつかない。できた。よし。まる。

 

雨上がり

f:id:ikuko-0307:20170625155701j:image

紫陽花の花びらのように見えるところは、ガクなんですってね。

ガクに包まれて、その中に冠をつけたお姫様。

大事に大事に包まれて。

f:id:ikuko-0307:20170625155725j:imagef:id:ikuko-0307:20170625155737j:image

今日はよく蝶々に会いました。

 

雨あがりの散歩。

悲しい出来事もすべて、洗い流して、なにもかも消えました。

新しいきれいな空気をたくさん吸って

さぁ。もう、大丈夫。

妖精見つけた

f:id:ikuko-0307:20170624142454j:plainf:id:ikuko-0307:20170624144155j:plain

 

 

ブルーウィング。ブルーバタフライ。ブルーエルフィン

青い蝶。青い妖精。

神様って本当にすごい。私の想像の及ばないものを作られる。

こうやってみると、花も草も人も動物も、何を持って普通というのか、何を持って珍しい、変わっているっていうのか、わからなくなる。

そもそも、普通なんてない。全部、普通。全部、変わってる。全部、美しい。

私のこの体も脳みそも、骨格も、肉付きも、すべて、そういうことなんじゃないのと、一瞬、思えてほっとする。

そういうことなのかもしれない。

 

公園を歩いていると、筋肉隆々の高齢者や主婦が颯爽と走っていきます。そこを一人だけ、大きく遅れたペースで格好悪く歩くことに、もう慣れたつもりだったけれど、知らないうちに、彼らを基準に自分を比べ、体力のなさをなんとかしようと、駆り立てられていたようです。

今でも、図々しく、時間はかかっても私もいつの日か走れるようになるかもしれない、なんて思っています。

普通になりたくて。

私は私で、そのまんま生きてても大丈夫。

まだ、ストンと腑に落ちていない。

じゃ、どうなりたいの。どういう人生、どういう生活スタイルが遅れたら安心できるの。

ベッドから降りられなくて一生病院で暮らすかもしれないと思ったあの時から、望むものが大きく膨らんでいる。以前は、そう気付くたびに、いけないって自分を戒めた。

生きる欲が出てきたんだね。

自分に言ってあげる。よくここまで来たね。よく頑張ったと思うよ。

今のままでも私は私を愛してあげていいよ。大丈夫だよ。

この世に存在するだけで、小さな光となっているんだよ。

最近、年なのか、自分に過保護になろうとギアチェンジ中なのですが、まだうまくいかない。どうせやるなら、超過保護になろうかな。そうなったらどうなるのかな。

自分を必ず支えてくれる人が私自身である時、本当に怖いものがなくなって、強い光となれる。そう思う。

 

いい子だね、私。大好きだよ、私。げっそりやつれても、浮腫んでも、太ろうが痩せようが、存在自体が、可愛いよ。だぁいすき。

毎日そう言おう。忘れそうだから忘れないよう、何度もなんども何ども何度も言おう。

今朝、見つけた青い妖精。ブルーエルフィン

うちの町にも妖精がいました。歩いていたら、目が吸いつけられたから、きっと妖精。

そこは12時から7時までしかやらない、商売っ気の全くない、公園通りの喫茶店。

お店の窓の下にヒョイっと植えられていました。

怪しげで、カフェとは程遠い、昭和の喫茶店。どんなマスターなんだろう。

想像では、きっと、お化粧バッチリしたおばちゃんか、やる気のない、おじいさん。新聞読みながら、こだわりのないコーヒーやメロンソーダを出すお店。

今度、ちょっと勇気を出して、行ってみよう。

妖精の待つ店。

穏やかな夕方

昨日の夜から調子が悪く、今朝、珍しく起き上がることができませんでした。

何度も上半身を起こすけど、どうしても、また、ぐにゃりとベッドに戻ってしまう。

たいていの不調でも、エイって気合いを入れると、なんとかなるのに、どうしてもダメ。

息子が今日は学校が休みだから、気が緩んでしまってたのかもしれません。

8時頃までそのまま横になって起きました。しばらくは体がうまく動かせず、頭もうまく回らず、また入院・・と頭をよぎります。

昨夜の冷めたお味噌汁を飲んで、おせんべいをかじって、じっとしているうちに、ゆっくり、エンジンがかかり始めたのがわかりました。

よかった。今日もいける。

銀行に行きました。スーパーで買い物をしました。

二度目の洗濯物を干し、夕飯のトンカツの衣つけをしました。

近所の友人が来て、愚痴をこぼしていきました。

最終的に、朝の状態から一転して、昨日とたいして変わらない1日を送ることができた夕方。

こういう日なんです。

夕焼けや吹く風、聞こえてくる野球を練習する声、シャッターを閉める音。

すべてが生きてるってことなんだと、思う。

そういうものを感じることのできる体。切羽詰まっていない心の状態。

うまく言えないけれど。

最近、調子がいい日が続いていたから、元気が当たり前になっていたし、むしろ、欲張って、もっと、もっと、もっと役に立ちたいと、大きく膨らんでいたけれど。

私のポジションでそこを、空白にしないこと。

それができるこの日々。

私の体、ありがとう。忘れていてごめんよ。

丁寧に丁寧に扱うから。よろしく。

受信感度が広がる

最近、買ってはみたものの、ちょっとついていけないと思って、途中で読むのをやめてしまった本が、掃除の途中にパラパラめくってみると、あれ、読みやすい、と夢中になることがある。

内容はおもしろそうだったけど、使っている言葉が過激で嫌だなぁ。

この作者の考え方は下品だなぁ。

自分の価値観と合わないものに接すると心がざわざわして、目をそらして排除してきたけれど。

どうしたことなんだろう。

改めて読むと、あぁ、この人は限りなく純粋で透明な人なんだと、作者の捉え方が変わっていたりするから驚く。

ラジオ番組も、この人、苦手、と思っていたパーソナリティが、あれ、この人、ただの気障ったらしい人なんじゃないんだ・・・と思ったり。

私がただ、感じ取れなかっただけで、その人や物にはずっと変わらない魅力があったのだろうな。

自分の好きなものだけに囲まれて生活したいとしていた私の固まりつつあった小さな世界。

あの人も、あの本も、あの番組も、あの音楽も、世の中にあるものみんな。みんな美しい。受信感度を広げよう。

自然の中だけじゃなく。わかりやすく美しいものだけじゃなく。あちこちに見つかった。

透明なものだけに心を癒され、求めたこの数年間。刺激の強い人や作品は辛くて排除してきた。

ようく、ようく、もう一度、覗いてみたら、この世界に受け入れられないほどの悪ものは、そんなにないのかもしれない。

あめふり


あめふりくまのこ 池田綾子(「明日への手紙」作詞作曲者)

 

この歌、大好き。いつも泣きそうな気持ちになる。

雨も、あめふりっていうと、そうね、あめふりねって。

 

今日は1日家で過ごします。

本末転倒

可愛い切手を見かけて、買ってしまっておいたら、ハガキ代が上がってしまった。同じ理由で、前回の値上げの時に買った2円切手もまだ消化していないのに。

大事なものをしまう癖がある。

子供の時も、綺麗な便箋、4色の色がかける色鉛筆、サンリオのメモ帳、いい匂いのする消しゴム、外国のしおりなんかを、お菓子の缶に入れてしまい混み、時々蓋を開けてはニンマリしていた。

結局、あれ、どこ行っちゃったんだろう。使った覚えはないなぁ。

最近、作り置きを備蓄している。息子の帰宅が遅いので一人の夕飯にが多くなった。

一人のときは、その時の気分で気楽なものを食べたい。カツオのたたき、シャケの塩焼き、おから、しろあえ、小松菜とがんもどきの煮浸し。昔はこんなものを好んで食べたいようになるとは思いもしなかった。肉。肉。肉。肉。小松菜なんか大っ嫌いだった。

息子は今、肉、肉、肉、肉、の時期。当然、私の食べたいものを並べても喜ばない。そこで、彼用のエネルギー量の多いおかずを作って冷凍したり、冷蔵したり、ストックするのだ。

ハンバーグ、餃子、豚ひき肉団子、酢豚、ミートソース、鶏の唐揚げ、コロッケ。

ふっふっふ。これだけあれば、いつでも来い。急に帰ってこようが、急に要らなくなろうが、動じることもない。

冷凍庫を開けて、備蓄品が増えていくのをニンマリと見る。

困ったことが起きてきた。

私の習性。もったいなくてとっておきたい。減らしたくない。

冷凍庫にたんまりあるのに、もったいないから、今日は生姜焼き。

あれは、体調の悪い時の切り札だからと、とりあえず、今日はとんかつを揚げる。

そして、どうせならと多めにあげて、また冷凍。昼間、安売りのお肉を見つけると、また買って、備蓄する。

 

便箋は相手のために使うもの。相手を想い、その人の喜ぶ顔を想像して、綺麗な紙と封筒を送るのです。

冷凍庫の品は息子のために作ったもの。私がニンマリするためのコレクションではありません。

・・・明日こそ、使おう。もったいないけど。