お気楽日和

誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

庭の沈丁花さん、庭の沈丁花さん

業務連絡、業務連絡。

庭の沈丁花さんにお知らせします。

今日、関東地方はまるでお花見日和のように暖かな一瞬がありました。

しかし、3時過ぎからまた次第に気温は急降下し、また冬の寒さに戻ります。

まだ、春ではありません。春ではありません。

繰り返します。まだ、春ではありません。今夜からまた、冬の寒さに戻ります。

慌てず、ゆっくり、蕾を膨らませてください。

 

 

f:id:ikuko-0307:20180109122314j:image

保存保存

保存保存

ダメなふたり

だらしなく寝間着のまま朝食を食べていたら息子が起きてきた。今日までが冬休みである。

息子も顔を洗い歯を磨き、寝間着のまま食べる。

わたしは朝食後、恒例のホットカーペットにゴロンとしながらテレビを観る。

息子はしばらくiPhoneをいじっていたが、やがて「俺、二階にいる」と言って席を立った。

「そこに洗濯したのが畳んでおいてあるから、着替えておいき」

「うーん・・・あとで」

今、着替えちゃえよと、言いたいがなにしろ自分がまだ寝間着で、しかもゴロゴロ横になってテレビを観ているのだ。説得力がない。

黙って見送る。

やがて私はテレビを消し、立ち上がる。しんどいけれど、このままだと一日中床に張り付いていそうだ。

今夜のおでんの大根とこんにゃくを仕込む。皿を洗い、洗濯物を干す。昨夜、入らないで寝たので風呂を沸かし直し、湯船の中で髪と身体を洗い、ついでに風呂を掃除する。暮れに行き届かなかった小さなカビらしきシミをみつけたので、壁じゅう磨いた。

服に着替え髪を乾かし、クリームを全身に塗り、洗面所も掃除する。

さっきまで着ていた寝間着とタオル、台所用の手拭いなど、二度目の洗濯機をしかけた。

さぁ。ここでやっと1日がはじまった。風呂に浸かり血流が良くなったからか、エンジンがやっとかかってきた。

バナナケーキを焼く。砂糖がなかったのでメイプルシロップを入れ、アーモンドとシナモンと少しのラム酒をいれた。結局、空で作れるのはこれ。もういい。馬鹿の一つ覚えでも、なにかひとつ、これだけは失敗しないというものを、これにしよう。

案の定、誰の注文でもなく作ったケーキはうまくできた。

宅急便が来た。着替えておいてよかった。

ラジオもテレビも、音に疲れて、いつものように楽しめない。

そんなに好きでもないけれどクラシックを流すことにした。名前はわからないけれど小学校のときの下校の音楽が流れた。刺激の少ない上質な音が、ゆったり部屋に広がる。

それにつられて、フワァっと正月モードで舞い上がったままのテンションがゆっくりゆっくりと、下がっていく。地に足が着いて行く。

詳しくないけれど、やはり長い歴史の中で良いものとして残ってきた本物には力があるんだなあ。

夕方、雨の中、買い物に出た。これでなんとなく、ちゃんと主婦をした気になれた。

帰宅しておでんの残りのネタを入れ、作り置きの煮豚やカボチャを付け合わせた。

朝、お風呂に入ったし、もう寝間着に着替えちゃおう。

息子は二階に朝上がったきり降りて来ていない。昼も抜いている。

時刻は6時。シャッターを下ろし、寝間着に着替え、夕食をセットした。

あ。と思う。

ここで「ご飯だよ」と呼べば息子は朝の寝間着姿で降りてくる。

まったく結局一日中その格好。と言ってやりたいが、当の私もまた寝間着だ。

なんの説得力もない。

言っときますけど、お母さんは一度着替えて、お風呂の掃除も洗濯もしたんだからね。買い物だっていったんだから。

と、言いたいがなんの説得力も、無い。

冬休み最終日。怠惰な二人。

楽しまなくちゃ

暮れから正月にかけての一連の覚書ノートを作った。

お歳暮を頼んだ日付、品物、値段。あとから追加した人とその理由。

不意に届いたリンゴと長芋へのお礼をどうしたか。次回のお歳暮にはその方も追加しようと思ったこと。

生協でお正月の準備に何を頼んで、何を作ったか。

母から頼まれた仕事とその時のクレーム。

門松が生協から届いた日付。22日だったが、母に早いと怒られ、結果、鮮度は落ちていなかったので次回もこれでいこうと思ったこと。

門松のを飾った日。時刻。やり方、紐のつける位置。

などなど。夫かお蕎麦を10人前頼んできたがおそらくこれはまた、来るであろうとか。お雑煮の準備の取り掛かった日にち、作ったもの、買ったもの。年賀の準備について。クリスマスのメニュー、大晦日の晩のメニュー。

小さなことがたくさんあるだけで、複雑な事柄はほとんどない。

じゃあなぜ暮れは疲れるのか。

思案するから。

あぁお歳暮だなぁ。そろそろ行かないと。何にしよう。クリスマス、プレゼントどうしよう、何を作ろう。

生協での注文は何をしよう。まだ早いかしら、

他に何かやり忘れてないかしら。

漠然と抱える日々が私を疲れさせる。その場その場でパッパッと決められない。

一年前の記録と手順と感想があれば、考えずにその通りやればいい。

大きな失敗はしない。

ついでに母が何に対してどんな文句を言ったか、どこは自己流でやっても大丈夫でどこは、外しちゃいけないのかもメモとして付け加えておいた。

これまでは母に対することは勘と経験を頼りに対処していた。だから、おどおどビクビクするのだ。気分屋だから、例年同じではないけれど、こうして記しておけば、地雷を踏むことも減る。

知恵を使わないと。

そして楽しまないと。

準備の準備をしておけば、気持ちも受け身じゃなくなる。

そして今日は1月7日。

七草がゆは息子が「食べなくちゃダメなの」というので省略。

門松と輪飾りを外して、塩をかけて新聞紙でくるんだ。

ノートに追加。

こうして書くと、さぁ、来いって気になってくる。

暮れも、母も。

 

時が癒す

高知の友達から箱いっぱいのポンカンが届いた。2日の日に往復五時間かけて買いに行ったらしい。箱を開けると、彼女お手製の柚子ポンも入っていた。

素直に嬉しかった。

社交家の彼女のことだからきっと沢山の人に送ってあげたんだろう。

その中に自分も、ついでかもしれないが、私も混ぜてくれている。柚子ポンが入っているということは、同梱し直し、ガムテープで閉じ、宛名を書いて、郵便局まで持って行ってくれたのだ。

その手間を私にしてくれたことも心に響く。

 

あぁ、私、だんだん元に戻ってきている。人から何かをいただいて、喜べるところまで回復している。

一時期、人と関わるのが怖くて、世の中から消えてしまいたくて、負担に思うだけだった。放っておいて欲しい。私にかかわらないで欲しい。

何かをいただけば、お礼の手紙もいる。貰いっ放しにはできない。しかしそれだけのエネルギーがない。あぁ。めんどくさい。もう、放っておいて欲しいのに。

毎日、陽が暮れるまで1日生きることで精一杯だった。

そして不意に入ってくる社交にきちんと対応できないことでますます自分を嫌いになり、人間失格だと落ち込み苛立った。

ポンカンをすぐ、食べた。甘くて果汁が体力の落ちている身体に染み渡って美味しい。「ほらほら。これ食べて元気だしな」豪快な彼女がそう言っているようだった。

すぐにラインでお礼を伝えた。短い会話のやりとり。少しも億劫じゃない。

柚子ポンの柚子はご主人の実家の庭になっているものだと教えてくれた。100パーセント柚子だからね。出来立てで、まだ味見してないから、tonちゃんに毒味させようと思ってさ。うんうん。ちょうど、今夜、牡蠣鍋だから、使うよ。ポンカンはもう食べた。美味しいね。ありがとうね。私も何かお礼を送りたいよ。待っててね。

彼女に何を贈ろう。舟和の芋羊羹がお母さんと二人で好物だって言っていた。農家の仕事に使えるようにタオル屋で名前を入れてもらって、それと一緒におくってもらおうか。目黒の名物の揚げ煎餅もいいなぁ。

喜ばせたくてワクワクする。

やっと言葉と心がくっついてきた。

ありがとう。嬉しい。お礼がしたいよ。待っててね。

人付き合いが煩わしくない。ここまで6年かかった。

正月ボケ

f:id:ikuko-0307:20180105181118j:imagef:id:ikuko-0307:20180105181122j:imagef:id:ikuko-0307:20180105181124j:imagef:id:ikuko-0307:20180105181129j:imagef:id:ikuko-0307:20180105181111j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月ボケで、まったくやる気ゼロの一日。

午前中、カレーを作って洗濯をして買い物に行ったら、

あとはずっと二階の寝室でゴロゴロしていた。

ひたすら線を引いて、色を塗っていた。

頭がその瞬間、空っぽになるのがいい。

なんだか色も模様も若干、お疲れっぽい。

 

保存保存

正月ファイナル

1月4日。我が家の正月は終わった。

息子は早朝5時半に家を出てアルバイトへ。夫も8時半にまた、兵庫へと旅だった。

夫が荷物をまとめ始めると、冷凍庫をゴソゴソかき回し、何かないかと探す。以前作ったカレー、鶏肉のハンバーグ、栗ご飯。どれも息子と二人の食事には多くて残ったものをラップに包んで冷凍していただけのものだが、今夜、明日の食事くらいにはなるだろう。保冷剤と一緒にアイスクリームを買ったときの銀色の断熱材の袋に入れ、ガムテープで止めた。

他に何かないか。床下を開けると自分用に買っておいたレトルトのポトフが出てきたのでそれも入れる。ついでにバナナケーキと柿の種も。

よくテレビで息子が実家から家に戻るとき、あれもこれもと母親が持たせているのをみるが、気持ちがわかる。こんなの、ほんの数日で、あっという間にまた牛丼やラーメンを会社帰りに食べるような暮らしになるから焼け石に水なのだ。会社の人へのお年賀も持たされ、大荷物のところに、ありがた迷惑なんだろうとも思うが、なんとなく自分が安心する。

夫は文句も言わず、それらも詰めて帰っていった。

途中、窓から富士山が見えたといって写真を送ってくれた。

帰ったら冷たい部屋なんだろうな。

頑張れ単身赴任!

特上のハレ

今日は夫の父とホテルで懐石料理なのであった。コース、14000円。事前にこのコースにするけれど、食べられないものがあれば調節してもらうから知らせてと言われ、ホームページを覗いたらデデーンっと数字が表示されていてビビりまくる嫁。

お品書きしか載っていないので、ダメも何も想像もつかない。

私は食事に制限がある。よく「何がダメなの?」と聞かれるが、本当にうまく説明ができない。調理方法だったり、決定的にダメな食材があったり、組み合わせや時間帯でよかったりダメだったり。自分でも把握するまでモヤモヤした。

しかし、このお品書きを見てから私は覚悟した。

これは、全て美味しくいただきましょう。

こんな立派なお食事を用意してもらっておいて、ちまちま残したり避けたりするのは申し訳ない。毎日のことじゃないんだから、楽しむべし。この日だけは羽目を外そう。

食事はどれも美味しかった。自分ではやらない、できない美しい盛り付けに味付け、贅沢な素材。食べるんだと決めていたから、余計なストレスもかからず、ひたすら味わい、美味しい美味しい。

ワインも飲んだ。アルコールも普段は控えているが、ええい、どうせ今日しか好きに飲み食いできないんならやっちまえと、口をつけた。

ふわぁっといい香りが体に入っていく。

ワインの酔い方って初めて体験したけれど、気持ちをとても解放させてくれる。

上機嫌で、家のこと、息子とのやりとり、夫の話、過去の思いで、話す。

普段は夫、義父と口が重いので、私もでしゃばらないよう静かにしている。当然息子も。すると私たちのテーブルは正月だろうが誕生祝いだろうが、宴なのに通夜のように重い沈黙に包まれている。

もう、いいやいいや、私が喋って楽しんでしまおう。

ワインと美味しい食事を文化として愛する人々の気持ちがよく、わかった。

食事って文化だなあ。。

人をつなぎ、心を整え、生活に潤いを与える。

ハレとケ。

今日は特上のハレ。

 

まだワインの余韻でハイな文章で、・・・ごめんなさい。