ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

空間

このあいだ、もう母親の鎧はとって、素直になろうと決めた。

弱みを見せない、心配させない、心の奥底を息子に寄りかからない。

もう、そんな気を張らなくても、大丈夫なくらい大人になっていた。

夫は優しいが、彼は小学5年で母と別れているので、どうしても私にその抜けていた穴を求める。

今のうちの男性陣は二人とも、私には平和に家にいて、自分にはうるさく口を出さず、機嫌よくしていて欲しい。

そんなところに来ていたようだ。

いろんな役割を放り投げてしまいたいと疲れていたので、よし、もう、いいや、と思ってあの記事を書いた。あの日は。

 

それでも息子は私を母さんと呼び、夫はトンさんがいると落ち着くと言う。

役割は捨てるものでも自分で決めるものでもないのだな。

ある日突然ガラリと変わるものではないが

私の中で何かが静かに動いてる

 昔の、子供の頃の自分の要素が戻ってきたのかと思ったときもあったが、

もう少し複雑な

母、妻、娘、妹、の役割で押しつぶされてたところに隙間ができた

そんな感じ 

この隙間をどう使おうか焦ったときもあったけど

隙間は隙間でとっておくのがいい。

そこはあえて埋めないで空っぽにしておこう

微調整の空間。