ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

働く人

朝ごはんを食べようと思ったら携帯が鳴る。なぜか嫌な予感。

姉からだった。

「私。悪いんだけど・・・」

「何忘れたの?」

「ジャケット」

ジャケットって制服じゃないか。よく「財布を忘れた」と、昼までに届けてくれっていうのがかかってくることがあるが、今日はそういうわけにいかない。

「今、ってこと・・だよね」

「できるだけ早いほうが助かる」

もう。もう。もう。子供がランドセル忘れて学校行くようなものだ。仕方ないなぁ。

「すっぴんで今すぐ出るから、すぐ来てよ」

職場の近くに着いたらこっちから電話をすると約束をして切った。

姉の勤務地は渋谷だ。久しぶりに午前中の繁華街に向かう。電車に乗ってすぐ、当たり前ことにびっくりした。

車内も街もすでに稼動していた。どの人も目的を持って街を歩いている。動いている。活動している。

私の呑気な日常とは全く違う時間軸があった。

姉に制服の上着を渡す。「ご苦労」そう言ってスターバックスプリペイドカードを差し出した。

「これでコーヒーでも飲んで帰って」

「いいよ」

「2000円くらいまだ、入っているから、あげるよ、全部使っていいから」

むむ。確か、この前も2000円。要らない。これもらったら、なんか姉妹じゃなくなっちゃう。

「いい。本当に、要らない。息子にいつもお土産とか誕生日、買ってもらってるし。」

「また、なんか買ってくれってこと?」

違うんだけどなぁ。違うのになぁ。

「違うよ。少しでもお返しできたらってこと」

「そ、じゃ、サンキュ」

お姉さ〜ん・・・。

「わぁ、助かったありがとう〜!」ってのが欲しかった。私。