ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

最強の味方がついている

怖いものはない。何度も言おう。怖いものなど、ない。

どう生きようと、自由。

周りにいる人が気になるなら、気にして見てみればいい。

本をたくさん読めば、その数だけ意見がある。

街を歩けば、自分と違う人生の途中の人達とすれ違う。

お店の店員さん、学生、おじいさん、顔見知りのご近所さん。

彼らから見たら、私もすれ違うだけの、人。

友達だってそう。親も姉も夫も息子も。私は彼らの人生の中の登場人物にすぎない。

彼らの人生の中のほんの一部分なんだ。

彼らは彼らで、頭の中は自分の人生でいっぱいなのだ。

私は私の人生だけ、責任持とう。

自分がどうやったら、いつもご機嫌でいられるか、元気になれるのか、そこだけを探求すればいい。そして、自分のご機嫌だけをとればいい。

恋人が好きな相手の笑顔を見たくて、喜ばせるように。

お母さんが、泣いてる子供をあやすように。

いっつも自分のそばにいよう。

私が死ぬその瞬間まで。ずっと味方。

最強の味方がいるんだって思えば、何も怖くない。

恐れず、家族を友人を隣人を、愛して大丈夫。

味方がいるから。