ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

母を超えて目指すところ

祖母のところに行ってきた。

今日は母と二人。あれから私は自分の中で勝手に、何かを超えた気がしている。

もう、自分がどう思われるとかより、自分がどうあるかの方が大事になってきた。

その場しのぎの自分でいるよりは、できるだけ本心に近い自分でありたい。

そして、その自分を自分で、よしと、欠点も含めたそのまんま、いつも丸ごと愛し続けたい。

そこを意識して暮らすようになると、不思議と相手がどう評価してもそれほど気にならなくなってきた。馬鹿だとか、出来損ないという言葉も。

正直、その単語は無条件に傷つく。でも、今はそれと同時に湧き上がる。

「もう、私の目標はあなたからの丸じゃない。他のところだ」

フレーズのような感情。そうだった、そうだった、もう、この人に認められることが目標じゃないんだという安堵感。それを思い出す。

母と一緒にいるときの発言や振る舞いが、伸びやかになりつつある。だから、母を恨んだりもしない。

なんと言われようと、私はこの人との関係を続ける。

まるで息子のようだ。どんなに理不尽な八つ当たりを受けても、結局は、愛してる。

母の子供でいた私は、彼女の言葉と視線にいちいち怯えていた。でも、なんと言おうが、わたしはこのままの私で、あなたを愛しますと決めてしまうと、とても楽になった。

そうは言っても、まだ、怖い。相当なパワーでぐいぐいくる。

でも、多分、もう、負けない。引きこもったり、べそかいたりもしながら、多分、逃げない。

馬鹿は開き直ると、強いのだ。