ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

穴蔵から出る

ついに、穴蔵から出るときが来た。

納戸を基地として嬉々としてきたのだが、ついに限界。暑いのだ。

冷風機も持ち込んで、準備万端のつもりでいたのだけれど、尋常じゃない暑さだ。意地はっている場合じゃない。

よく考えたら、鬱で引きこもっていた時、とても居心地がよくて、狭いところに篭る安心感が私を癒したが、あれは冬だった。小さな窓一つに、パネルヒーターの空間は、熱が充満して、暖かく、外界から遮断されていたからこそ、心安らいだのだ。

熊の冬眠のようなところだった。

熊は夏、洞穴に篭ったりしない。

しぶしぶ、観念して、無印で買った机をずるずる引っ張って寝室に持ってきた。

ここなら冷房も効くので温度は快適。

ただなぁ。夫が帰ってきて、3時過ぎまでここで寝てる時、ここで読書とか、パソコンとか、気分が乗らないなぁ。その時のための、納戸だったのに。

卒業しなさい。引きこもりから。もう、大丈夫でしょ。

そういうことなのかな。

心の囁きはいつも、本質をつく。

読みかけの本を3冊、納戸の本棚から持ってきて、机の上に置いた。

夕方、涼しくなったときのために、念のため、デッキチェアとミニテーブルを置いておく。本棚も、秋に備えて、そのままにした。

ここから見える夕焼けが好き。ここでどこかの家の夕飯の匂いや音を感じるのが好き。

ホッとする時間は、この時間帯だけでいいや。

一日中、篭るより、メリハリがあっていいかもしれない。

1日の終わりに。

夏本番前、熊は出た。