ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

ごめんなさいと言えなくて

「おはようございます。今日からまた始まりましたね。みなさん、マイペースで頑張りましょう」

ファミリーラインを送った。

息子はあれから、深夜12時過ぎに帰宅した。一応、出かける前に、表面上の和解はしたけれど、仲直りまでは至っていない。お互い、表情が硬い。

無口のままのぎこちない短い時間を過ごして、息子は登校。

一応、ハグをして、自分たちが和解はしているんだと確認するも、笑顔にならない二人。

「今日も帰り、遅いから」

「ん。何時だっけ。部活だよね」

「10時くらいかな」

「ん」

ダメだ。笑顔が。でない。

窓から手を振るのはいつものお決まりなので、振る。私はもう怒ってないよということの意思表示。奴も少し、解けた顔で振り返して出て行った。

う〜ん。気持ち悪い。この状態。

表を掃いて、洗濯物を干して、トイレを掃除して、食器を洗って・・・と、その途中、泡の付いた皿を流しに置いて、手を拭いた。

「おはようございます。今日からまた始まりましたね。みなさん、マイペースで頑張りましょう」

ピロロロロン♪ すぐ既読1となって、着信を知らせる音が鳴った。

「イェーイ!」

息子だ。

「課題、届いてますから」

「当たり前だ!」

クマが手を振って「では」と言っているスタンプを押す。

「じゃ」というスタンプが戻ってきた。

これにて終了。仲直り。

 

ごめんなさい。確かに私が疲れてプリプリしてました。

と、言わないで、ごめんなさい。

 

10分遅れて、夫から「頑張るで」と、きた。