ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

贅沢な時間

昨日はあれから反省と初心に戻ろうという決意のもと、カレーはやめて煮込みハンバーグとポテトサラダを真面目に作りました。

そういえば、結婚したばかりの頃は、毎日、ずっと台所で夕飯の献立のことばかり考えていたなぁ。お給料がまだまだ少なかったから、貝割れ大根とか、鯵の干物とか、豚ひき肉とか。腕がないから揚げ物ができなくて、狭い技術の中で一生懸命、作れるものを本から探してた。

あれから24年。腕前は大した進歩もないまま、手抜きの技ばかり身につけてしまった。たくさんのお皿を並べなくていいから、真面目な一皿。

真剣に心を込めて作ったものなら、それが翌朝や翌日夕飯に出しても、きっと決まり悪くない。

食卓に自信を。おのずと自分の自信にもつながる。

洋服も、思いつきで安い服たくさん持つより、本当に気に入った服を少なくと言う。

なんでも少なくていい。魂がよし、と納得するものを選んだり作ったりしよう。

 

ぬわんて言いながら、今晩は、できてるおいなりさんの油揚で作ったおいなりさん。と、作っておいた煮豚。煮豚と言っても圧力鍋で作ったから、手間をかけたかっていうと、心を込めて圧をかけました・・・という・・。

と、卵が余ってるから、甘い卵焼き。茹でておいたブロッコリとアスパラ、それにトマト、きゅうりに味噌。あ、あとポテトサラダ。

・・・魂を入れて卵焼きを作ろ。

 

どうしても手早く、さっとやるっていうのに憧れて、段取りを省きたくなるのだけれど、私の本筋はモタモタと不器用。

モタモタ段取り悪いなりに、丁寧に一つ、心を込めよう。

意外と、ゆっくりやるのって、自分は充実した時間になって楽しい。

洗濯物をたたむのも、パパッとやっちゃおうと思っていたけれど、のったりのったりお日様の匂いを嗅ぎながら、袖を伸ばしたりして畳むのって、豊か。

 

急がなくてぼーっと過ごしていいって、なんて贅沢なんだろう。