ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

予行演習

私は頑張らなくても、価値がある。

そう、勝手に決めた。まだ、どっかで、「どうかな、そんなに不遜な考え、私ごときがしていいのかな」と揺らぐ。

でも、多分、そう。存在しているだけでいいんだじゃにかな。

楽しそうにしてれば。

いや、楽しそうじゃなくても、もがいていても、やっぱり存在している、だけで何か違う空気を作り出しているんじゃないかな。いいとか。悪いとかの存在意義じゃなくて。

ただ、居ること。それだけでいい。

 

疲れてくるとこんなことを思う。

不意に髪を切りに行きたくなった。いつもは髪が伸びて不恰好になってきても

「今は痩せちゃってるから」

「疲れてうまくおしゃべりできないから」

なんて思って、予約するのをためらっていた。私にとって美容院に行くというのは相当エネルギーを要する。できるだけテンションを上げ、お店の人に失礼にならない程度に身ぎれいにして行く。話しかけられたら、陽気にサービス精神でおしゃべりをする。

・・・よく考えたら。癒されたいときに行きたくなるのに、なぜ消耗するの。

そうだ。こういうところも、少しづつ、変えてみよう。

そんなに頑張らなくても大丈夫。間の悪い返事でも、ずっと目を閉じてても、雑誌読んでても。格好も、普段のまんまでいい。そんな、いちいち、素敵な奥さんぶらなくっても。ちょっと変わった、力の抜けた、そういう人なんだなってことでさ。

 

などと、カレーを作りながら、ムラムラと思い始めた。

よし。今だ。

火を止め、すぐにインターネットでいつも行ってる近所のお店の空き状況を見る。

今は2時。ちょうど2時半からの枠が空いてる!

一瞬、怯んだけれど、自分を励ます。予約を入れて、すぐ、家を出た。

なんだ、こんな簡単なことか。

自分が大きな変化を遂げているような高揚感で道を急ぐ。

お店について、ドアのガラス越しに中を覗いた。店長と目があう。

「いらっしゃい。どうする?予約する?」

意味がよくわからない。今さっきネットで予約したから、まだ彼女は把握してないのかな。

「あ・・あの。さっき。パソコンで予約を入れたんだけど。今日、今の時間に」

「え?今日はいっぱいで入る枠ないはずだけど・・・あ。明日、明日入ってる。2時半。18日、木曜。明日だよ」

え。恥ずかしいのと、勢い込んだとこからのがっかりと、あぁまた、やっちゃったという思い。

ごめんなさい。と謝って店を出た。

今日のは予行演習。そういえば、髪ボサボサで、ほぼすっぴんで、ジーンズに夫のおさがりのヨレヨレのトレーナーで行ったけど、店長さんはいつものように迎えてくれた。

明日は、ちょっとドキドキしないでいけそう。