読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

お籠り基地

納戸に自分の小さな基地を作った。

寝室に置いてあった高さ1メートル暑さ20センチの本棚を持ち込んで、折りたたみのデッキチェアとIKEAで買った5000円のグラグラするサイドテーブル、無印良品の電気スタンドにラジオ。

窓際の2畳ほどの余ったスペースに自分だけの場所ができた。

リビングも寝室とも違う。この狭い空間。篭る感じがワクワクする。

狭い納戸の扉を閉めると、一瞬にして家事から家族から、遮断される。

この快感はたぶん安心して、自分空間に入り込めるから。

家にいると、家族が不意に話しかけてくる。だから、私は家では思考の旅には出ない。娘と母と妹としてスタンバイしている。

一人っきりになった時、頭の中は心と繋がって、自分の中に潜っていく。深く深く潜っていく。

そのとき私は、昔からの一番の友達、自分に会って心の中でおしゃべりする。

自由なとき。

頭がほどけるとき。