読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

見られた

芝刈りをしました。明日は雨だというので今日のうちに。母のところと自分のところを芝刈り機でざっと荒くやりました。草を刈った後の土と混じった青い匂いが風に乗って部屋に入ってくる。好き。ぼんやりした空とゆるい風の午後です。

午前中、寝ていました。リビングで。息子が春から6時朝食なので、5時から5時半の間に起きる生活が始まり眠い。ひたすら眠いのです。

送り出した直後は、まだ活性化された脳の状態なので、大丈夫。洗濯物を干し、トイレと風呂を掃除して、あれやこれや気になることをちょこちょこやります。自分が眠くなることがあらかじめわかっているので、頭と体が動くうちに、思いつく限りのことをしておくのです。そうしているうちに「あ、切れてきた」と、脳みそがトロンとし始めるのがわかります。

コーヒーを入れ、自分の朝食をお盆に乗せ、いそいそとテレビの前に座ります。だいたいいつも、これが9時半ごろ。

あらかじめ録画設定してあるNHKの朝のドラマと『あさいち』を再生し、一人、午前8時の気分でまったり食べはじめるのが至福の時間の始まりです。

食べ終わり、『あさいち』の後半を見ているあたりから、どうしようもなくまぶたが重くなる。ゴロンと床に寝そべり、遠くの方でテレビの音が聞こえつつ、とろとろと眠りに落ちる。・・・贅沢。

ところが。今日、事件が。事件がおきました。

物音がして、眼が覚めると、庭に面した窓ガラスの前に、私が注文しておいたが熱中対策水の箱、二つが、どどんと置いてあります。

え・・。いま。来たの?

ということは、窓越しに私が午前中からテレビをつけっぱなしで、両手を上にあげて、仰向けになって眠りこけているのが、見られた!

チャイムが鳴ったのも気が付かなかった。受け取りのサインはどうしたんだろう。

なんで、黙って置いていったのかしら。

・・・!まさか。

すぐ、中扉でつながっている隣の実家にいきました。

「お母さん、今、宅急便・・・」

母はゲラゲラ笑いながら、

「ごめえん。うちの玄関に置いてこうとするから、そんな重い箱、嫌だから、ここに置いといてって、連れて行ったの。窓からあなたが寝てるのが見えたら配達のお兄さん、笑ってたわよ」

・・・あんまりだ。

佐川急便のお兄さん、ちょっとかっこよかったのに。

ま、いいんですけど。いいんですけどね。

もう嫁にも行き、出産までしてる身ですからね。

でも。でも乙女心もこっそりと持ち合わせてるのに。こっそり。

母、厳重注意。再び。

それでも老婆の家の庭の芝まで刈ってあげる。

神様。愛をもって見る。他人も自分も一切裁かないとは、こういうことでいいんですよねっ。