ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

あれ?あれ?

余っています。・・・・準備した食材。そのまんま。

初日は母が回転寿しに行きましょうとご馳走してくれました。夫も息子も大喜びで昼を抜いて挑み、山のようにお皿を積み上げていきました。

翌日、二人とも昼まで寝ていたので、昼です。昨夜、食べ過ぎた二人は、パンでいいというので、トーストを焼くだけで済みました。

夜です。「何か食べたいものある?」と、よい妻ぶって聞きました。いつも、ここで、なんでもいいというので、どうせ、そうだろうなと思ったので、形だけ。いい妻をやりました。

「カレーがいいな」

ビンゴ!カレーは作ってありますがな。あとはルーを入れるだけのとこまでできとりますがな。

それが昨日の夜。夫は久しぶりの家カレーだと喜んでくれました。枝豆とフライドポテトと、胸肉で作ったチキンナゲットでハンバーグはまだまだ隠し玉。明日、ハンバーグだもんね。

ところが、息子が、

「明日、ボーリング大会ともんじゃ焼きで、夜、いらない」。

ま、いいか。かえって二人なら、用意も楽だわ。

ところが夫が、明日もカレーでいいや。このカレーでいい。

ま。いいの?いいんですの?いろいろあるのよ。

「じゃぁ。とんかつでも揚げてカツカレーにする?」

「いや、カレーだけがいい」

ま。なんてこと。

そして、今朝は味噌汁と納豆に焼き魚の夫。息子は出かけるギリギリまで寝て、味噌汁、卵かけ御飯。

昼は・・誰もいない。

夫は義父に会いにいきました。横浜で中華を食べるんだって。

帰りは6時過ぎるかなぁ。たくさん食べるかもしれないからカレーでいいや。

そうかいそうかいそういうことですかい。

もう、こうなったら、明日はしゃぶしゃぶにして、ハンバーグも餃子もお稲荷さんも使わないんだもんね。

・・・帰るときに、しばらくの食事にって持たせようかな。

・・・いい妻ぶりたいし。