読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

約束

昨日の夜からモヤモヤしている。

二千円。もらうんじゃなかった。魂を売った気分で落ち込んでいる。

手を動かすことなく、彼女の部屋で彼女の脱ぎ散らかした服をたたむ私に、楽しそうにおしゃべりをしてくる。

仕事だと割り切って乗り切れた。いつもなら苛立ち、同時に自分がなんとなく惨めなうら悲しい気持で帰るのだ。

が、今回はそういった恨みがましさは一切、割り切れた。浮かんでは、仕事。浮かんでは仕事。

淡々と、適当に相槌を打ち、黙々と手を動かす。まるで優秀な家政婦のようだった。

姉は相変わらず喜んだ。お金をもらうからにはと気合を入れたので、いつもより綺麗になった部屋を見て「これから毎月、頼もうかな」と上機嫌だった。疲れっきていた私は、もうとにかく解放されたい。帰りたい。はい、2時間経ちましたね。任務完了。ここまで。と引き上げた。

綺麗さっぱり。なんの問題もない。

なのになんでだ。

惨めな気分に自分で自分をさせた。

私の魂が嫌っがっている。

もう、あれはやめてね。

あれするくらいなら、「疲れてるから、今日は嫌だ」って言ってね。次から。

 

魂。ごめん。

今度からそうするよ。

つい、期待を裏切らない自分を選んじゃったんだ。ごめん。もうやらない。