読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

手間ひまかける

雨なのでスーパー以外は家にいた。

今夜はキャベツのカレー。受けがいいかどうかは知らないけれどキャベツを間違えて多く買ってしまった。半分に切ったものがあったのに、一玉。

鶏肉も、冷凍庫から出して解凍したものが200グラム、冷蔵庫で出番を待機している。一度解凍したものは早く使わないといたむ。胸肉、玉ねぎ、キャベツのカレーに決定した。

いつもはもも肉を使っている。鶏肉の旨味が出て家族はチキンカレーが一番好き。それが諸所の事情によりキャベツたっぷりで気のないカレーになるのに、さらに淡白な胸肉を使うというところが弱気になるポイント。いつものように、好物を作ってあげるという、ふてぶてしさもなく、どうにか美味しくしようと頑張る。

細かく細かく野菜を切り、玉ねぎはいつもの倍時間をかけてじっくり炒める。

鍋底からかき回して、色をじっくり見て、甘い香りがし始めるまで時間を気にせずやる。胸肉は細かく切ってから、はちみつと酒とで少しもんで、別のフライパンで少しだけ炒めて、取り分ける。私の料理で、取り分けるなんて、手間はたいてい省かれるが、今日は弱気なので、そうさせていただく。少しでも美味しくなってくれ。受け入れられるカレーになってくれ。

玉ねぎかねっとりしたら、キャベツと肉と水とローリエ、カルダモン、コリアンダーを入れる。弱火でコトコト。

弱火でコトコトとか、取り分けて戻すとか。

あぁ、料理ってこうやって生活の一部の流れの中でするものだった。

時単、簡単、手間なしばかりを追い求めて、一切、排除していた。

知らなかった。時間をかけている間にこんな気持ちになるんだ。本当に家族の顔が見える。

鈍行列車の景色の味わいは料理にも、なんにでもあるのだな。

ゆっくり、時間をかけて作っっていくもの。自分自身も。

カレーのルーも、いつものようにどばっと割入れないで、慎重に慎重に味をみながら少しづつ加えてはかき混ぜる。