ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

お花畑は見なかったけれど魂が離れた時

お題「誰にも信じてもらえない体験」

 

5年前、過労がたたり、ある朝突然、動けなくなり、緊急入院。

嘔吐と下痢のため血圧が急降下していたためそのまま、ICUで二週間過ごしました。自分では意識もしっかりあったつもりなのですが、運び込まれた日、家族は裏で「今夜、明日、もしもということもあります」と言われていたそうです。

当時中学1年だった息子は「お母さん、死ぬかもしれないんだ」と思ったそうです。

 

その時の記憶です。

私は一人で、部屋の中央のベッドに寝ていて、管がいっぱい繋がれ、頭の右上方には血圧を示すモニターがあります。

足元の方にドアがあり、時々そこから看護婦さんが入ってきて、私のオシメを変えたり、点滴をチェックしたりしています。

でも、モニターでチェックしているからなのか、私は一人で寝ています。

・・・と言うのを私は天井の隅の方から眺めています。

自分が死んだとも思っていない。眺めているだけ。

あぁ。寝てるなぁ。私。とも思っていないで、見てるだけです。

 

あれは。

今にして思えば、少しだけ魂が離れたんじゃないかと今でも思うのです。

ICUに個室なんてなかったのです。

 

それから私の中で

「私は身体ではない。私は視点」

と言う思いがあります。

身体は今の世界を体験するための道具のようなもの。

外界の人。それは家族や友達、知り合い、出会う人全てとコミュニケーションするためにあるもの。

景色、本。パソコン、テレビ、映画。なんでも。感じるためにある端末のようなもの。

表現するためのもの。

 

あの時の私が、意識がないと言われていた時の記憶があると思っているように、自分というものはあるようでないものかもしれません。

今はこの身体に入っている。

今はこの人生の波に漂っている。

そして、私はこの身体にもう一度戻ってこれてよかった。

以前より自分を必要以上にかわいそがったりしなくなった。

 

すべて、体験してるんだ。