ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

無事終了

新年会は無事終わりました。

ここで決意表明したのが良かった。

うちは夫が小学生の時に両親が離婚したので、親は義父だけです。

口下手で頑固でユーモアが効かないという三重苦の御父様。

これまで老人ホームに自分から入居しては喧嘩をして、他の施設に引っ越すということを繰り返し、昨年末、5度目の引越しを済ませたばかり。

83歳という年齢ながら、助けはいらんと、一人っきりで荷造り、荷ほどきをするのだから疲れていないわけはない。

もっと甘えてほしいなぁ。

嫁が入退院繰り返すから、うっかり頼れないと思われているのかもしれません。

 

とにかく。楽しむと決めたので、

明るく、明るく。

息子、夫、義父の男三人は誰も会話をしないので、空気が重い!

普段の息子と夫のやり取りを面白おかしく話したり、

出てきた料理が美味しいとか、何が入ってるんだろうとか。

どうでもいいことをテンションあげて話題にしました。

笑顔。笑顔。笑顔。

 

次第にお義父さんの顔のこわばりも緩み、少し、笑ってくれました。

頑張った。

 

しかし、うちの家族、何かぎこちなくて変だなぁ。

 

楽しむ!と決めた結果

楽しんでいる風を装って終わった嫁は、今朝からお腹を下し、熱を出しました。

 

これにて年末年始の儀、無事終了。

今夜はさんまさんの「ほんまでっかTVスペシャル」見るんダァ〜♫