ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

つかの間の自分時間

今年の年の瀬は一人前の主婦らしいことができて

自分を許せる気がします。

いつもは、テレビやラジオで活気付けいている様子や

スーパーでメモ片手に買い出しに来ている奥様たちを見ては

自己嫌悪になってイジイジ暗く落ち込んでいるのです。

働けるって素晴らしい。

家事をできるって、ありがたい。

 

今日は息子が出かけました。

静寂。

息子がいるとずっとテレビをつけています。

「音がないとさびいしいんだよ。」

「じゃ、歌ってあげよう」

「いらないし」

「消すよ」

「聞いてるんだよ」

耳にイヤホン入れてiPhone見ながらちゃんとテレビも見てると言って消すと怒る。

もうっ。

見るでもなくBGM代わりに流れ出ててくる映像と音楽は

自分の意思でつけたものでないと苦痛です。

 

教習所に行き午後いっぱいは私一人。

静かだなぁ。

年の瀬って感じだなぁ。

・・・どれ、築地の様子でもやってるかな。

・・・テレビつけよ。