ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

暮れの一連の作業をしていたらこんなことを思った

一つの点。それは細胞。それは命。

点と点は独立している。

その点と点が繋がって線になる。

線がつながって輪っかになって。輪っかがまた鎖になって、鎖の輪ができる。

無限につながる命。

 

見えない間をつなぐもの。

 

一人になりたいと思うときも、誰かと繋がっている。

一体感を持ちたいと思っても、もともと繋がっている。

見えないところで見えない線や鎖がつないでる。

 

大根を煮る。

大根を作った人がいて、運んだ人がいて、並べた人がいて、売った人がいて、調理する私がいる。そして食べる。

家族のエネルギーとなって、発散される。

それが空気に乗って風に乗って、回る。

豆を煮る。

肉を焼く。

ラジオを聴く。

門松を飾る。

窓を拭く。

風習も、家のならわしもくるくるつながっていく。

 

私はこの世界でその一部。

大きな流れと大きな生命体の一部。

 

平和な心で

愛と光を発信して

 

大きなものの一部を照らしたい。