ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

風とか空とか

買い物に出て、空を見た

すっと青くて遠くまで透き通っているようだった

あぁ この数年、こんな穏やかな気持ちで

空を見上げる年の瀬なんてなかった

ずっと地面を見て早歩きで

やるべきこと、段取り、時間

追われて

背中を丸め、急いでた

いつもいつも急いでた

 

冷たい風がやさしい

北風が友達のように頭をくすぐって撫でていく

小学生の時

冬休みの午後の公園

缶蹴り かじかんだ手 

懐かしい友達にまた会えた

 

もう一生会えないと思ってたよ

また冬の空気が好きになるなんて

好きと思えるなんて

 

生きてるっていいなぁ