ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

ブックオフ

午前中、古本をブックオフに持って行った。

単行本6冊で650円だった。

カウンターで「当店のカード、お持ちですか?」と聞かれる。

「いいえ、でも、いいです、すみません」。

時々しかこないのに、お財布の中にまた、カードが増えるのと、そのために何かに記入したりするのは面倒くさいので断った。

あまりにきっぱり言ったからか店員さんも

「そうですか」

とそれ以上は強く勧めてこなかった。

お金を受け取り、査定を待ってた間に見つけた料理本を今度は買う。

これは確か、数年前に、私もブックオフに手放した本。

しかし、時々、確か、あの本に・・と自分の本棚を探し、

「あれ。ないなぁ。。。売っちゃったのか・・・」

と内心、とっとけばよかったと思っていた本。

本を売りに行って、自分が昔売った本を買う自分。

それでも、嬉しい。大事なものを取り戻したような大げさな気分になる。売った本を買ったくせに。

「ありがとうございましたぁ。また何か良い本があったらお売りください」と言われ、決まり悪い。

お店を出る前に、念のため、店内を立ち読みする。

買うつもりではなく、本屋に来たら、立ち読み。

ところが、先日ラジオで紹介していた最近出たばかりの「〆切本」が早くも店頭に出ているのを発見する。2300円がもう、1,760円っ!

これはもう、買うだろう。今年の9月に初版が出たばかりのもの。以前、本屋で平積みになっているのを立ち読みして、買うか迷ったが、値段が高いと思って保留にしていた。それが、先週、ラジオで「面白い本を見つけた」と言っているのを聞いて、「あぁあの本だ。。やっぱり買えばよかった。今度見つけたら買おう」と思っていた矢先だ。

ついでにもう一冊、合わせて二冊持ってレジに戻る。

へへ・・。と薄笑いを浮かべて先ほどの店員の前に差し出す。

彼はにっこり笑い、勝ち誇ったように

「カード、作りませんか」

という。

「そうですね。何を意地を張って・・・という感じですもんね」

結局、めんどくさい個人情報記入などはなく、さっとカード一枚渡されただけだった。

「また、よろしくお願いします」

再度、そう言われ、すっかりブックオフのメンバーになった気分で店を出た。