ただの毎日の中で。専業主婦の平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

未確認生物の生体

人と自分を比べるのをやめるというのは、思っていた以上に難しい。癖になっている。

私は母親のジャッジに合わせて生きてきた。姉や友人と比べられたり、先生がこんな態度をみたら幻滅するわよとか、お父さんがどう思うとか、漠然としたその時その時思いつく、彼女の尺度に。

世間は広いし、立派な人はたくさんいる。テレビの中の人までその対象になるのだから、私がその中で一等をとって、「それでいいのよ」と言われることは、永遠にない。どうして、こんな馬鹿らしい仕組みに気がつかなかったのか。そこが、まぁ私らしいっちゃぁ私らしいんだけれども。頭が良かったら、もっと早く、吠えていた。

今、この文章を書いている私は、ずいぶん、殻を破りはじめている。

こんなこと書いたら、バカと思われるか、バカがバレるか。

中身のない自分を取り繕うことは、ここではやめよう。そう決めて始めたのがこのブログだ。

バカ丸出し。そう決めた。

それでもずっと続けているうちに、コメントをいただいたり、時には褒めてもらったり、同意していただいたりすると、嬉しいと同時に、この貴重な方々をどうにか引き止めておきたいと言うセコイ私が現れる。無心で書いていたものが用心深くなりそうになる。そして、その度に自分に言う。ここでそれをやったら、また同じことの繰り返し。いつまでたっても私になれない。

昨日、なんにも1日、有意義なことをしなかった自分にしょげた。でも、どうしてだろう。私は本来だらだらゴロゴロが大好きなのに。家で倒れて緊急入院した時に、「あぁここでは寝てもいいんだ。そうしてないといけないとこなんだ」と朝からテレビをみて一日中、ベッドの上にいても、まったく苦痛じゃなかった。

家事、散歩くらいはこなせるまでになった。そうすると、自分より活躍している人達と自分を比べる。みんな、1日にいろんなことしてる。

欲が。私もみんなみたいにやりたい。。。。みんなみたいに。むくむくとまた、出てくるのだ。

退治した水虫みたい。

病院で、ベッドと、数冊の本、パソコン、テレビがある部屋で、検査の数値に一喜一憂していた私は、そんな気力もおこがましさもなく、ただ、息子のお弁当を作っていってらっしゃいと送り出したい。それが望みだった。自分に必要なものが少なかった。

昨日のことからずいぶん話を広げちゃったけれど、いつか有森さんがランナーの心構えとして、ラジオでいっていたこと、思い出した。

「人を見ないでください。自分だけを見てください。」

自分だけを見たら。何も不都合はない。

平均寿命、平均収入、子供が何人、平均貯蓄、平均的な・・・。その平均って何。平均と普通って知ってどうするの。

この春、東京の目黒区で発見された、未確認生物、私。その生体はどこにも比べる対象はないのだ。

・・・・というわけで、今日は自信を持ってだらっと過ごしているのでした。

 

生きていればいいという結論

結局、今日は何にもしなかった。午後は本を数ページ読んでは、ベッドにごろんとし、またパソコンを開いてラジオを聴きながら、マイクロソフトのWordの使い方を研究してみたり、いらないファイルを捨ててみたり。

昼ご飯を食べるのを忘れた。

買い物に行く道すがら、空っぽの日に打ち込めるものがない自分にがっかりする。

好きなもの。時間ができたらすぐやりたくなるもの。

それがないんだな。

割と好き。そんなものばかり。

ネットの中で充実している主婦や一人暮らしの若者、おじさん。仕事をしながらあんなにプロみたいに面白いものを作ってる。あの人たちの時間は密度が濃い。

・・・。いきなり自分軸って言っても、自分が何を好きかもわかってない。批判されない一日だったかどうかをいつも気にかけてきたから。

・・・・!今またやってる!今日は充実できなかったと一人反省会。

今日は自分が何を好きかもわかってないんだなぁと思った日。それだけ。

ただ、生きよう。それだけで行こう。しばらく。自分がどんな自分なのかゆっくり見ていこう。

一人反省会はやめよう。

一瞬で気分が変わるから

今日はどうやって過ごそうかな。

「三月のライオン」のラスト3巻を借りてきて読もうかな。いや、それ借りてきて読み始めると、今読みかけの課題本、また後回しになる。学びたいことに関する本。あれ、読まなくちゃ。今の私は娯楽より知りたいの方を優先させる時じゃないかな。

いやいや、そろそろ作り置きもなくなってくるから、食材買ってきて、おかずを作りだめしておこうか。いやいやいや、明日は息子が休みで家にいるから、好き勝手に出来るのは今日のうち。ドトールに難しい本を持って行って集中して読もうか。いやいやいや。息子が家にいるからこそ、ドトールは明日で、今日は家でまったり。とすると、やっぱり漫画を借りてこようか。

なんてどうでもいいことを考えながらお風呂を掃除して、洗濯物を干しに二階に上がる。

ちょっとだけ。

パソコンを開けちゃうと、ついつい時間が過ぎていくので、家事が全部終わってからにしようと思っているけど、ちょっとだけ。誰か更新してるか見るだけ。

パソコンの電源を入れて、パスワードを入れて待つ。・・・・。

何がどうなったのか、昨日、調子よく動いていたパソコンが起動しない。主電源を切って再起動。だめ。復元モードで再起動。だめ。じじじじ。変な音がして途中で止まる。

壊れた?再起動。パスワード。電源を切ってまた起動。だめ。もう、こうなってくると、さっきまでののどかなどう過ごそうかなんてどうでもよくなる。パソコンの起動問題で頭はいっぱい。

結局、システムの再インストールをし直して、設定を少し変えたらまた動き出した。

この間、約1時間半。お昼もとっくに過ぎてしまった。

もはや、ドトールもツタヤに行って漫画を借りてくるも、もう、どうでも良い。とにかく良かった良かった。平和な日々に戻った。

結局こういうことなんだな。日々、太った痩せたとか、髪を切りすぎたとか、シミができたとか、あれを買おうか、あそこ行こうかとか。そんなことは、この程度の小さなアクシデントの前では吹っ飛ぶ。

頭を何でしめているか。どこにアンテナを向けているか。

それが、自分の心の平安につながっていくんだ。

それなら。

いい気分になる音楽。好きなドラマ。好きな本。好きなドトールのあの席。好きな窓からの景色。好きな夕焼けの見える窓。好きなラジオ番組。好きな食べ物。好きな公園。好きな匂い。好きな・・・。

人生の課題を心の平安としたのだから。好きにアンテナ向けておこう。結構、まめにチューニングしないと、好きも変わるから、こまめに。

アンテナの向きを大事にしよう。

 

パソコン、なおってよかったぁ。

基本から

今、急に浮かんだこと。

私は「愛とは赦し」という姿勢に憧れてきた。人を恨まない。大きな懐で受け入れられる人でありたいと生きてきた。

嫌味を言われても、それを笑って流せる自分になろう。

疲れている時に強引に誘われても、付き合える体力をつけよう。

もっと強く、もっとタフに。自分を強化すれば、たいていのことは消耗せず対応できるだろう。そう思って自分を鍛えた。

でもそれはその場しのぎの対応であって、本当の心をさらさずに相手に応えているのだから自分は納得していなかった。芯のところでは。

無理して合わせてあげているくらいの傲慢さもあったようにも思う。

本当に正しいのは私。あなたに合わせてあげているの。

やなやつだ。可愛くない女っていうのはこういうのをいうんじゃないの、お父さん!

 

愛とは赦し。自分への赦しから始まる。

他者を赦す前にまず己の汚さ未熟さ矛盾を丸ごと抱えて赦すこと。それができてこそ、他者への赦し。

あつかましい。自分のことも受容できずに人様を赦してやろうだなんて。

自分赦しの初心者は、やっぱり基本、自分軸から始めよう。

自分軸へ

昨日の夕方、雨のなか近所の知人が寄ってくれた。買い物に行く途中に我が家の単身赴任生活をどうしたかと見に来てくれた。

息子と祖母の喧嘩のやり取りをかいつまんで面白おかしく言う。

愚痴ではなく笑い話のつもりだった。

「そういう時はうちにおいで。明日、午前中おいでよ。お昼用意するから。話聞くよ」

彼女はいつもそう言ってくれる。ありがたい。「ありがとう。」

けれど、私はきっと行かない。昔からそういう癖がある。

自分の抱えているモヤモヤを人に言うことができない。

一人で処理できているのでもないけれど、言ったところで結局自分でどうこうするしかない、所詮、私のことだし。

高校大学時代の仲の良かった友人に

「いつも後からこういうことがあったって聞かされて、悩んでいる時は話してくれないんだね」

と言われたことがある。その時、初めてそのことに気がつき、それはとても冷たい人間だと指摘されているようで混乱した。これからは自分が辛いことを実況中継のように共有しないといけないな。親友ってそういうものだよなぁ。

恋人のこと、デートで何があったか、何が嫌で何が嬉しかったか。進路のこと、この前あの大学って決めたけど、やっぱりこっちにする。意識して話すようにしているうちに、だんだん現実と報告のズレがたまったり、自分の心のずるさや矛盾に向き合わなくちゃいけなくなったり辛くなってきた。清廉潔白を良しとしていた若い私は、人に話せる自分であるよう人生の駒を進むようになっていった。

誰に見られても恥ずかしくない生き方。

終わりのない母からの批判にブチ切れる事が出来ず、心を病んだ。母の期待に応えていい娘を本気でやった。陰ひなた無く、心の中からいい娘であろうと努めた。

誰に見られてもいい娘さん。

 

私は父親っ子だった。

お父さん。今でもこの単語を打つために頭の中にこの響きが浮かんだだけで、脳の中心部がきゅっと熱くなる。

お父さんはお母さんが大好きだった。母自身、それを承知していた。言うことを聞かないときは父に報告する。父は「僕はお母さんの味方」とだけ言って、喧嘩の仲裁はしない。ドロドロしたところには入ってこなかった。迷惑そうだった。「お父さんは可愛げのない女は嫌いよ」母の最終兵器だった。

母と二週間も三週間も口をきかないのは全く平気だったけれど、父に嫌われるのは嫌だった。父には愛されていたかった。庇護下に置いておいてほしい。だから可愛い娘に戻るのだった。歯を食いしばって折れた。母親を睨みつけ激昂する恐ろしい私を父の前にさらすことはできなかった。

 父が死んで18年。もう、父のせいにもしてられない。いつまで子供でいる気だよ。

 

「おはよう。昨日はありがとう。今日はだるいのでこれから二度寝します。気にかけてくれてありがとう」

今朝、彼女に7時にLINEした。また誘ってねとは書かなかった。本当にそうして欲しいとは思ってないからやめた。

無理をしたら行けた。心配してもらっている友人という役割をこなせた。単に気が乗らなくて、しんどかっただけ。

でもこのわがままなのが本当の私。ほっといて欲しい。気ままに過ごしたい。一人の時間も好きな人。

自分に嘘なく自分に見られてズレのない私を目指す。

手間ひまかける

雨なのでスーパー以外は家にいた。

今夜はキャベツのカレー。受けがいいかどうかは知らないけれどキャベツを間違えて多く買ってしまった。半分に切ったものがあったのに、一玉。

鶏肉も、冷凍庫から出して解凍したものが200グラム、冷蔵庫で出番を待機している。一度解凍したものは早く使わないといたむ。胸肉、玉ねぎ、キャベツのカレーに決定した。

いつもはもも肉を使っている。鶏肉の旨味が出て家族はチキンカレーが一番好き。それが諸所の事情によりキャベツたっぷりで気のないカレーになるのに、さらに淡白な胸肉を使うというところが弱気になるポイント。いつものように、好物を作ってあげるという、ふてぶてしさもなく、どうにか美味しくしようと頑張る。

細かく細かく野菜を切り、玉ねぎはいつもの倍時間をかけてじっくり炒める。

鍋底からかき回して、色をじっくり見て、甘い香りがし始めるまで時間を気にせずやる。胸肉は細かく切ってから、はちみつと酒とで少しもんで、別のフライパンで少しだけ炒めて、取り分ける。私の料理で、取り分けるなんて、手間はたいてい省かれるが、今日は弱気なので、そうさせていただく。少しでも美味しくなってくれ。受け入れられるカレーになってくれ。

玉ねぎかねっとりしたら、キャベツと肉と水とローリエ、カルダモン、コリアンダーを入れる。弱火でコトコト。

弱火でコトコトとか、取り分けて戻すとか。

あぁ、料理ってこうやって生活の一部の流れの中でするものだった。

時単、簡単、手間なしばかりを追い求めて、一切、排除していた。

知らなかった。時間をかけている間にこんな気持ちになるんだ。本当に家族の顔が見える。

鈍行列車の景色の味わいは料理にも、なんにでもあるのだな。

ゆっくり、時間をかけて作っっていくもの。自分自身も。

カレーのルーも、いつものようにどばっと割入れないで、慎重に慎重に味をみながら少しづつ加えてはかき混ぜる。