ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

七転八笑

卒業式で担任の先生が最後ホームルームでおっしゃった言葉。

「七転八倒なんてしなくていいです。そんなの、辛すぎるでしょ。だからと言って七転び八起きなんて私は言いません。そんなの普通ありません。凡人は、七回転んだら、八回目も転びます。まず。それが普通です。そこでいちいち、生きてる意味とか人生とか深刻にならないでください。七回転んだら、一回そこで笑いましょう。笑っちゃってください。あぁ。俺、七回も転んでやんの。って笑ってください。そうしたら、意外と気が落ち着きます。気力も出てきます。食欲も出ます。眠れます。そこで、さーて、もう一回やるか。八回目だから、また転ぶかもなぁくらいの気持ちで起き上がってみましょう。そこでうまくいけば大儲け。失敗してもやっぱりなってなもんです。そしたら、また一回目に戻ればいい。今までのは一周したからチャラです。同じことを一っ回目でもいい。違う方向に転換してもいい。とにかくまた一回目です。それを繰り返して生きてってください。気楽に。人生、どこにでも成功はあります。」

転んで転んで転んで転んで転がって生きていこうっと。

 

 

100歳おばばの作った雛人形 恐るべし

f:id:ikuko-0307:20170302184250j:plain

明日はお雛様。

今日の午前中、出しました。まさかの前日。

ここんとこ、自分のことでいっぱいいっぱいで、1日延ばしにしていたら、ついにここまできてしまった。

うちは女の子はいないし、もう、いっその事今年はパスしちゃおうかなぁと思っていたのですが、やはりそうはできなかった。

お雛様は身代わりで難を持って行ってくれると聞いた事があります。

そう。このお雛様を毎年出していたのに、しんどくて出さなかったまさにその年、私は緊急入院したのでした。

これを思うと、やはりすらっとぼけるわけには行かず、ぎりぎりの今日、お出まし頂きました。

「ったく遅いわよっ!今年はもう出てこれないのかと思ったわよ。毎年毎年、遅いのよっ!」

とおっしゃっているようにも見えます。

このお人形は、100歳の祖母が私の婚約が決まった時に木目込みの教室に通って作ってくれたものです。

彼女のパワーは強烈です。

 

これを出したのが午前11時。そして午後1時に隣の母が

「牛肉、間違って同じパックを2こ買っちゃったのよ。いいお肉が半額だったから買ったんだけど、多すぎるから、あげる」

と持ってきました。

そして、さっき、6時。近所の仲良しが娘さんの高校受験、第一志望の合格を知らせに来ました。

うちのお雛様、侮れません。

雛あられもお花もないので、慌てて、夫に買ったバレンタインのハート形お煎餅をお供えしました。

嫁入りの心配もございませんので、どうぞ、三日と言わず、今月いっぱい、ごゆっくりなさっていってください。

・・とゴマをする。

温もり ありがとう

卒業式。息子は思っていた以上に立派でした。

そして自分がこんなにも親馬鹿な視線で彼を目で追うことを本当にありがたく思いました。

私は、思っていた通り、大勢のお母様の間で未熟でした。

みんな開放的で、よく笑い、先生にツッコミを入れてみたり、証書をもらった晴れ姿の我が子と教壇でピースで写真を撮ったり、お友達になっている母親同士で挨拶を交わし、近況報告をしていました。

『今に始まったことじゃないじゃない。』

そう、声がします。私の中の私の声。

あなたが、凸凹で内弁慶で世慣れてないのは持って生まれたあなたの本質。何を今更。

そうだ。背伸びしない。

無意識のうちにしていた、笑みを絶やさない母親像を演じるのをやめ、ただ、その場を味わいます。

息子を見る。制服の生徒の、息子を見る。私はそのために来た。

感傷的になって泣く気分にもならず、ただ、幸福感だけが湧き上がるのでした。

 

それでもグッタリ疲れました。

いやな疲労感ではなく、やりきったという放心状態で、電車の座席にへたり込みました。

なんとなくiPhoneを立ち上げ、「はてな」のアプリを立ち上げると、思いがけず優しい言葉のコメントがありました。

う。

今日、目の奥がツンとしたのはこの時でした。

あったことのない人たちからの温かいものが私の背中を包んでくれた。

ありがとう。

ありがとう。

卒業

明日は息子の高校の卒業式。

中学の卒業式は必死で生きてる状態だったため、夫のみが参列した。

小学校の時は、倒れる二ヶ月前だった。とにかく参列したけれど、記憶が断片的にしかない。

息子に詫びたいことのうちの一つ。

 

私はコンプレックスが刺激されるため保護者会がどうも苦手。でも、息子の晴れ姿は見たい。味わいたい。

「明日、着る服は決めたの?カバンはあるの?」

例によって過保護の母が47の娘の格好を気にする。もう乗せられないぞ。この嵐に巻き込まれると、アクセサリーから靴からすべてコーディネイトされる。その作業をしているうちに私はだんだん、気分が重くなり、ますます行きたくなくなる。

「バッチリ」

「ちょっと着て見せなさい」

「いや、いいの。隅っこで座ってるだけだから、息子に恥ずかしい思いさせるほど特別浮いた格好じゃなければ。黒いパンツスーツあるから」

「ブラウスは?バッグも」

「大丈夫大丈夫」

会話だけでも追い詰められそうなので完璧であると強調しておいた。

なんだか本当に完璧で大丈夫な気分になって負荷も少し軽くなってきた。

それでも今朝、久しぶりの最後のお弁当を作って、バタバタしているうちに次第に気分が重くなる。

下駄箱を開け、長い事、何年も履いていなかった5センチパンプスを箱から出す。

試し履きをしてみる。

やっぱりな。

つま先が痛い。我慢は出来るけれどこれを明日ずっと履くのか。ハイヒールをうんざりするようになるなんて、もう、私の女時代は終わってしまったのか。

買ったまま、封も開けていなかった靴の踵に貼り付けるゴムを見つけた。まぁ。たいして変わんないんだろうけど。雑にペッペッと貼り付ける。やれやれ、よっこらしょっと。足を突っ込み、立ち上がる。ん?さっきよりいい。かかとがピタッとくっついて歩きやすくなった。つま先の右側がまだ当たるけどだいぶ、楽。

待てよ。俄然やる気が湧いて、足の爪を切ってみる。知らない間にこんなに伸びてた。薬指の爪が小指を押して痛かったのか。更にもう一度試す。

いいじゃーん。

嬉しくなって庭をヒールで歩く。窓の前に立って、自分を映してみる。

女の人だ。ちゃんと女の人っぽい。ユニクロのスパッツから出ている足首がキュッと上がってテレビに出ている人の足みたい。

もうこんな晴れやかな靴履かないから捨ててもいいと思っていた。

こんな日が来るとは。こんな日が来るとはねぇ。

死なないでよかった。

 

明日、おしゃれしていこう。誰も私を見ないけど。お化粧して、ヒール履いてちょっと気取って。

明日は私も、うじうじ小僧からの卒業の日にしよう。

 

自分軸の場所

今朝は、ほぼ毎日学校が休みだった息子が久しぶりに登校する日。明後日が卒業式で、今日は事前に同窓生名簿や記念の印鑑などをもらってきました。

久しぶりの登校で緊張するのは私。夫が毎朝出勤しているけれど、息子はその一時間前に家を出ます。

大学に入ったら、だんだんとこういうピンっと張り詰めた感じの朝も減るんだと思います。

おかげで、病人気分も吹き飛んで、さ、日常。

 

日常モードの第1日目。本を持っていそいそドトールに行きました。

私はなぜここが好きなんだろう。

居心地のいいホットカーペットの上でぬくぬくしていると、無性にここに行きたくなる。行かないとって思う。自分自身になりにいこうって思う。

それぞれ商談していたり、読書していたり。大学生が恋バナしていたり。塾に行く前の親子が軽食をとって宿題をしていたり。おばちゃんたちが悪口で盛り上がっていたり。静かでもない。うるさくもない。それぞれがそれぞれに夢中。そしていつもの店員さんたちのいつもの誠実な仕事ぶりと笑顔。

馴染んだ空間で落ち着く。

誰も私に話しかけてこない。

中断されない自分の時間。

そうだ。私自身にすっぽりなれる場所。それがここ。

ここで自分の軸を確かめて、私は台所に戻る。

ざわざわとしている中で、ほっと一人になるのが好き。

 

甘ったれ

映画を見に行っていた息子が床に這いつくばって眠っている母親を発見。

「どうした、具合悪いのか」

「いや、違う。大したことないんだけど、起き上がって動く気になれないから、そのまま気持ちいんで寝てた」

「それを具合い悪いというんだ。人は」

そうか。

「なんか買ってきてやろうか」

熱を出して何か買ってきてやろうかと言われたのはいつ以来だ。不調な時こそそれを隠していたから、家族もピリピリどんよりしている私には近寄らないのがうち家庭のいつもの形だと思っていた。

いちごが食べたい。あとアイス。ゼリー。おっとっと。ポカリ。

 

本当はどうしても買ってきて欲しいものはない。

でも頼んでみたくなった。甘えたくなった。

甘えないと甘やかしてくれない。

甘やかして欲しいなら甘えないと。

どうしてこんな簡単なこと、わかんなかったのかなぁ。

 

迷惑かけよう。わがまま言おう。

知恵熱

熱を出しました。

このところ頭が重く痛かったり、昼間から眠かったりしていたのですが、春に切り替わる時のいつものあれ、だとばっかり思っていました。

 

朝食をとってそのまま床にゴロンとして目が覚めると11時。起き上がるのも億劫で、どうしてもその気になれない。ここで発熱確認。7度6分。

重症でもなく気だるいだけ。最近あれこれ自分の中で発見して考え方の転換をしているところだからおそらく知恵熱です。

最近の流れからいくと安心して休んでいいんだっけ。こういうとき。

今日はお母さんじゃなくて、主婦じゃなくて、知恵熱の私として過ごしてみよう。

家族に隠してテンション上げていつも通り家事をやることが美しい正しいと勝手に決めてたけど、違うんだっけ。私はそれほど立派な人じゃない。もっと甘ったれ。

大丈夫、一歩も外に出ないでゴロゴロしても、何にも起きない。

 

天気はよく、暖房を消して、ホットカーペットだけをつけて窓を開けてまた寝ます。

背中がポカポカして、庭の沈丁花の香りが風に乗って入ってくる。

テレビを消して目を瞑ると、ヘリコプターの音がペリペりペリペリと長閑に聞こえる。庭に来ている鳥。スズメ。ヒヨドリ

足元だけにあたってる陽が気持ちい。

あぁ。このまま寝ていいなんて。こんな幸せ。全部私のものだ。