ただの毎日の中で。専業主婦の 平和すぎる日常

自分の思っていること、ちょっと引っかかったこと。誰かに手紙を書く気持ちで、事件性のない平凡な毎日を切り取ってみようと思います。

なにを言いたいんだか

あれから、自分が自分を承認していればいいと、納得できてから、毎朝起きると「あぁ。そうか。私はもう自由なんだ」と安心する。

それは、息子を産んだ日の翌朝、「あぁ、もう産んだんだ」と感じた安堵感とも似ている。

 

自分が自分を承認すると、自分にまつわるあらゆるものも、改良しなくていいということになって楽だ。

 

仕事ばっかりの旦那も、そのままでいい。

勉強大好きじゃないけど、好きなものには夢中になる息子もそれが完全。

とりあえず仲良くやってる家庭。不満をぶつけて気まずくなったり会話が減ったりしながら、一緒に暮している人たち。

この家族というのは鎖でも責任でもない。

ただ、あるだけ。

 

よく、無条件の愛とかいう。

私はそういうものを持てる人になりたい、そういう人存在でありたいともがいたけれど、

どんな状態でも「そうなのね」と思うことが、それに近いのかもしれない。

へんてこな自分をなんとか世間に追いつかせようとしていた時。

これじゃいけないと自分を変えようとしていた。けど、どうやっても変えられない。落ち込む。ダメな自分が嫌。でも諦めない。諦めたらいけないと、いつも頑張って疲れて途方に暮れて、いっつも自分が嫌い。常にもっと良くなろうもっと成長しよう、と心が休まらない。

「私はどうもへんてこなんだけど、そのままでいいや」と心の底から納得していいんだよと教えてもらって驚いた。

え、そんなズルしちゃっていいんですか。

怠け者の私はそんなことしたらどんどん自堕落になるんじゃないかと怖かった。

でもこの解放感は人に優しくなる。

私がそのままでいいなら、私を取り巻く全ての人たちも、そのままでいいに決まってる。

私の過去のつらかったと思っている記憶も、今の私にたどり着くためにあった事柄だから、それも正解。

ひどい人とか、嫌な記憶とか、無くて、すべて正解。

だから今日も、どんな風に過ごしても、正解。

 

よく依怙贔屓っていうけれど、まさに、自分を愛することって自分を依怙贔屓することかもしれない。

自分に甘くなると自己課題が減るから心にスペースができる。その新しくできた余裕が家族を友人を近隣を他人を動物を植物を愛する場所となるのかもしれない。

何があっても君の味方だよって、自分に約束しよう。

私はどんな時も死ぬまで、私のことを無条件でそのままで良いって言ってあげる。

 

ってなわけで、これからは安心してダラダラしよう。

春だから大好きな日向ぼっこして。

夕飯が面倒になるとすぐカレーにしちゃおう。

嫌なことはできるだけ逃げよう。

太ってきたと言われても、痩せようと気をつけなくていい。

好きな服を着よう。

自分を向上させるための本じゃなくて、興味のあるものだけ読もう。

付き合いでの行動はやめよう。

遠慮もやめよう。

人目を気にするのもやめよう。

怒られたらぺろっと舌出して、ごめ〜んと言って、気にしない。

改良しない。

大丈夫、そういう私こそ、いかにも私らしい。

そんな私の方が私にとっては魅力的。

凸凹生きよう。瞬間的に。

 

人を見ないでください 自分だけを見てください

朝、聞いていたラジオで、有森裕子さんが言ってた言葉が突き刺さった。嬉しく突き刺さった。ので書いとこ。

 

話はマラソンランナーには3種類あるというところから。

「どれがいいとか悪いとかはないんです」

一つ目はジョガー。散歩よりは少し運動になるし、走ったり、歩いたり、というペースの人。二つ目はランナー。これは競技に出たり、フォームやタイムを記録して日々、記録を伸ばそうとしている本格的に取り組んでいる人。そして三つ目がアスリート。走るということで生計を立てている人。速さは関係なく、スポンサーがついて仕事として生計を立てている人をアスリートというのだそう。

だから、埼玉県の地方公務員であるところの川内さんは、ランナー。一等をとってもランナー。

「アスリートを追い越し、ランナーが一位をとった、という現象なんです」

健康にはどれが一番いいんですかと言う問いに

「本当は、健康、死ぬまで健康という意味で言ったら、死ぬまで毎日、生活だけで十分なんです。毎日の生活の中でちゃんと階段を使って、庭の草むしりとか、買い物で荷物を持って正しい姿勢で歩くとか。正しい姿勢を毎日の生活の中でしていれば死ぬまで十分歩けます」

マラソンというのはその筋力があった上で、じゃあ走ってみようかという段階です。だから初めは、速度よりも正しいフォームで走るために使う筋肉を鍛えていく。ゆっくり時間をかけて作って、そこからです。

そこで、70代のパーソナリティが茶目っ気で

「そうですか、どうしてもつい、かっこよく走ってやろう、あいつより早くとかって思うんですよね」

というようなことを言うと、そこでこの名言でした。

「人を見ないでください。自分だけを見てください」

有森さん自身がアスリートとして競争してきたというのにと思うけれど、彼女はマラソンは生きて仕事をしていくための手段として自分の人生で捉えていたそうです。オリンピックも、オリンピック選手としての名誉や誇りのためではなく、その後の仕事を考えた上でのオリンピックでのメダル獲得という経歴を考えていたそうです。

職業として、アスリートとして、の、オリンピック。

だから、そうでない人は、健康を考えて、そこから趣味で走るなら、フォーム、筋肉の使い方が一番大切ということなのだということを強くきっぱり言っていたのが響きました。

 

私は走ることもできない自分が、時々、かっこ悪いなぁと思いながら毎朝歩いています。自分よりずっと年上のおじいちゃんや、おばあちゃんが、跳ねるように走って抜いていきます。ジョガーだけでなく、ウォーキングをしている爺婆様たちにもグイグイと追い越されていくほど、のろのろ歩いているようなのです。自分ではスピード上げてるつもりが、抜かれていくという。

ときどき、ちょこっと小走りをしてみても走れて3メータ。

 

今はまだ筋肉から。

ゆっくりゆっくり背中を伸ばして正しい姿勢で、私だけを見て。

歩き始めた頃は公園半周もできなかった。歩いてきたら、その日は家事もできなかった。毎日歩けなかった。外出のある日はそれ以外に歩くなんてありえないほど体力もなかった。

今はどうよ。

ちゃんと公園歩いて、掃除洗濯、ご飯を作ってスーパー行ってさ。

私だけを見たら、進歩進歩。

 

有森さんみたいな強い人が言うと、勇気になる、力になる。

ありがとう。

f:id:ikuko-0307:20170223132435j:plain

最強の私へ

昨日は定期検診の日。最近は体調も落ち着いてきたこと。毎日公園2キロを散歩する体力がついてきたこと。睡眠薬を使わないでも6時間は自力で眠れるようになってきたこと。母に認められようという発想が消えたこと。を話す。

「それはよかった。どうしても他者に承認を求めてしまうんです。日本は・・・島国の特徴ですかね。自分が自分を承認してあげればそれでいいんです。それがわかると、生きるのがもっと楽になってきますよ」

自分で自分を承認していれば、それでいい。

なるほど。私のアレもやらなきゃこれもやらなきゃっていうのも、いい娘でいないとというのも、他者欲求に応え続けていたのか。

 

途中まで・・・と言ってもつい最近、息子の反抗期あたりまでは彼女の価値観を盲信していた。頼っていた。子育てにしても家庭の切りもりにしても、不安になるとすぐなんでも聞いて彼女の会話の中から答えを出して決断してきた。

自分では、母を信頼して決めるということが、自分の価値基準だと思っていたし、そういう自分をむしろ、大人だと確信してきた。

母は高校で父親に死なれ、そこから家庭に入り、二人の弟の世話をしながら家事をして、就職し、私の父と出会って結婚。その後もきつい性格の姑にいじめられながらもじっと耐えてやってきた苦労人である。姉は姉で小学校の時にいじめにあうという試練も経験している。そして秀才。中学は超難関の御三家と言われる女子校にすんなり合格した。

お笑い番組と漫画と缶蹴りが好きで、たまに勉強すれば熱出して、手先も不器用ななんの取り柄もない手のかかるあなたは、みんなの言うこと聞いてりゃいいのと言われるたんびに「へへへへ」と笑いながら、どっかで「私のこともすごいねって言って欲しい」と思っていたのですねぇ。

ここで、馬鹿でもかわいいよ。しょうがない子だねぇって付け加えて欲しかった。

これまでも母と討論することもあったけれど、結局は姉と母と二人で、「お前は間違っている、世間を知らないからものの見方が甘い」と言われると、自信をなくして、くすぶっていた。

もう、もう、そんなのどうでもいいとなったら!

この輪っかの外れた開放感、爽快感。あの二人の及第点をいらないってことにしたら!

誰に認められなくてもいいってすごく楽。私が私をこれでいいと自信を持てていれば揺らぐわけもない。

「母からの評価を捨てることができると、毎日、あれ、私ってもしかしたら、本当はものすごく自由なんじゃない?って思うようになって、息が楽になってきました。」

それがもう少し定着してくると、ママ友からランチのお誘いがあって、気分が乗らない時に「ごめんなさいねぇ、その日は都合が悪くてぇ」ってにっこり笑って何の罪悪感も持たずに言えるようになりますよ。

逃げてもいいってこういうことか。そんなのありなんだ。ありなの?それ、ありなんですかっ。

楽だ。呼吸が楽。なんでもありなんて。そんなのまでありなんて。

そっからつながると、これまでうじうじと、こんなことばっかブログでブツブツ書いてる私ってくらい・・・読む方も嫌になるよね・・とか、そういうのも消えちゃう。

私が好きなように好きなことを書く。面白かったことを面白かったのと書き、頭にきたことをムカついたと書く。ちょっと見つけたいい言葉を残したくなったらそれも書く。

はぁ。なんて楽しいところなの、この世は。やりたいことなんでもやっていいんだよ。やりたくなことは逃げちゃっていいんだよ。本当に。

死ななくてよかった。

死んで孤独になるより、この世の中で個として在る。それを選ぶ。

きっと時々日常に紛れて忘れることもあると思う大事なこと。

時々、ちゃんと確認しよう。

私は私。どんな状態でも、形態でも、未熟でも。それが完全だとしていい。いつでも今のまんまが完全な形なんだよ。それが正しい。それが楽しい。それが美しい。

 

 

やりたい放題

最近、なんだか、ちゃんとしようという自分への規制がどんどんゆるくなっている。

夫が起きるまでに朝食を作っておこう。やめた。

毎日献立は家族が喜ぶものを作ろう。やめた。

夕飯は6時半には出来上がって。やめた。

家族の食事は私が用意してあげる。やめた。

栄養のバランス。極端じゃなきゃいい。二週間でバランスみれば。

そして一番はこれ。自分勝手に自由気ままに過ごすのはもう少ししてから。今はまだ、主婦として母として家庭を運営する人であろうというやつ・・・。

やーめた。

なんとなく買い物帰りに本屋に寄って、ドトールで本を読む。時間も気にしないで好きなだけ読む。やってみると、30分もいれば満足することがわかった。6時過ぎに家に帰ってそこから夕飯の支度をはじめても、それなりになんとかなるのだ。

私は体が弱いので外出を控えてきた。虚弱のくせにほっつき歩いて体調を崩すと「わがままだ」と母に怒られるので、出なかった。

家にいると、家事くらいしか考えることがない。次のご飯は。明日のご飯は。あそこの掃除は。ちゃんとやったっけ。

外に出れば、自分の気持ちはあちこちに分散されるからあらゆることが薄れて「まあ今日はいいか」になる。

たまに外出すると、これが嫌だった。

その日、ちゃんとしなかったから、明日はしないとなぁと、自分に課せを作る。するとその翌朝は「今日はちゃんとしないと」と思う。今日はちゃんとご飯を作って、ちゃんと掃除もして、ちゃんと・・。

ちゃんとってなんだよ。

ちゃんとやらなくても家は回るって今頃わかった。

朝、ご飯前に散歩に出ちゃって、帰ってきたら夫は起きてた。ご飯の用意もしてなかったけれど、納豆と残ってた味噌汁をあっためて機嫌よく食べてた。

「おかえりぃ。散歩行ってたのぉ?」

えぇっ!

夕飯作るのが面倒だったので残ってたカレーに買ってきたチキンカツを乗っけて出した。

「おっ。カツカレーじゃん」

まじっつ。これでいいの。

機嫌のいい食卓には手の込んだ母の手料理。笑顔の食卓。

これを毎日狙いにいくこたぁなかったのね。私は毎日できもしない目標掲げて毎日打ちのめされて。たまぁに今日は良くできたかかもと言う日に限って家族が喜ばなかったり眠ったりすると、必要以上に頑張った分、無性に哀れな気分で落ち込む。

ちゃんとした。

私が追っかけてたのはちゃんとしたお母さん。

 

ある時から、母からの評価が疎ましくなり、何やっても言っても、ダメ出しされるんだから、もう、いっそ評価の下がる行動をしようと決めた。母が良かれと思って買ってきた服も、気に入らなきゃ、着ない。息子や夫に時間を合わせて常にスタンバイしているという姿勢も、したくない時はしない。わがままと言われようと、ほっつき歩きたくなったら、ペース配分なんて考えないで衝動的に行っちゃう。

 

わたしのちゃんとは、この人に向けてのちゃんとだったのか。

ちゃんとをやめて、不満は今の所、誰からも出てない。夫も息子も機嫌がいい。わたしも変な期待を自分にしなくなって気楽。

まぁ相変わらず、やりたい放題をしていると今に大変なことになるわよという呪いの言葉は聞こえてくるけれども、その気配もない。

これからの目標は、いかに死ぬまで毎日機嫌よく過ごすか。

これでしょう。

 

隣の席

ドトールで本を読んでいました。

隣の席に中年のご夫婦らしき男女が座って、クリアファイルの中の書類をいくつかテーブルに乗せて黙っています。

ご主人はマスクをして、銀縁眼鏡。機嫌悪いのか眉間にしわを寄せてファイル越しに中の文書を見ています。

女性は注文していたケーキを持ってきたり、水を汲みに行ったり、落ち着かないというか、あたふたしているというか、まぁゆったりしてはいないなぁ。

この旦那、ゴミは出さないな。

きっと家でもこんな感じで、仏頂面で座って黙ってご飯が出てくるのを当然のように待ってんだろう。

マスクをしているその顔はシミがあり、土色にも見える。髪に白髪が混じっている加減と銀縁眼鏡から、死んだ父の面影と重なった。

父は癌で62歳で死んだ。

あぁもしかしたら。この仏頂面も良くない病気を抱えているのかもしれない。うちも母が病気の父をかばってあれこれと身の回りのことから何から、良く動いていた。そうやってみると、奥様のキュッと束ねた黒髪も、化粧っ気のない顔も、華美でないセーターと黒いパンツという姿も看病疲れのように見えてきた。

病院の帰りの休憩だろうか。あの書類も病状に関したデータか、入院準備のものか。

奥様が「そろそろだから行ってくるわね」と席を立ち、入り口のところで若い男性を出迎えた。頭を下げ、促しながら、連れてくる。

銀縁おじさんも、「どうもお世話になります」と頭を下げた。

医者じゃない。会話が軽い。

生命保険営業マンか。

もう胸が苦しくなって、これ以上追いかけるのをやめた。

 

本を読んでいると、笑い声が聞こえてくる。

「いやいや、もう、それは。信頼してますから。経験も豊富でしょうし。素人考えよりも、な。」

「えぇ、お任せして間違いないからって言われてますのよ」

あぁよかった、つかの間でも笑顔になって。和んで。

「キッチンは・・・」

オール電化ってどうなの?」

「エレベーターが」

え。なに。家、建てるのか。よかったよかった。

ちらっと見ると、さっきの土気色がツヤツヤして見える。なんだか遠足のおやつを選ぶ子どもみたいに可愛らしく見えた。

希望があると、人は若返る。

生きるエネルギーになるのね。

 

私は勝手に自分の中で真実を発見し、納得する。

さ、もう帰ろうか。ご飯の支度もあるしな。

 

と思いながらも、あと数ページで切りのいいところに行くので読む。

「待合室は・・・」

「診察室は・・・レントゲン室と別でね」

「この前はさ、ちょっと狭かったじゃない」

え?え・え・え?

何、病院、作るの?開業医のおじさんなの、この人、奥様は院長夫人なの?その引っ詰め頭は。

「そう、この前より今度はもう少し広くしたいのよ。」

 

もう一度見ると、仏頂面オヤジの肌色はテカテカして、笑顔満面で、この世の勝者みたいに見えた。

保険の営業マンだった「私が来たからもう大丈夫」と言った感じの若い男も、今度はペコペコ、大きな仕事を任せてもらう建設会社の営業に見えてきた。

 

あと、5分。あと5分早くこの店を出ていたならば、あのオヤジさんは私の中で余命何年かの人のままだった。

妄想って真実じゃない。

一番目沈丁花が咲きました

f:id:ikuko-0307:20170216145106j:plain

庭の沈丁花の一つ目が咲きました。

小学校5年生の時の国語の教科書に載っていた詩です。

光村図書でした。


じんちょうげの花
                      峠 兵太
  


        タバコ屋さんの横をまがると
        じんちょうげの花のかおりがします
        その花のかおりをたよりにきてください
        すぐにわかります
        となりの街にひっこしていった
        あの子のたんじょう日の招待状に
        そう書いてあった

 

今でも好きな詩です

 

春が

朝6時半の散歩もだいぶ明るくなってきて春の兆し。

なんか朝っぽくなってきて、寂しくない。

ついこのまえまでは真っ暗で、修行みたい。。と思ってた。

でも、これからはどんどん日の出が早くなる。

もっともっと明るくなる。

 

f:id:ikuko-0307:20170214140559j:plain

そして。

月は東に日は西に

f:id:ikuko-0307:20170214151240j:plain

すべてに感謝。